テクノロジー 電気自動車

残念!バイオ燃料はエンジンの救世主にあらず

投稿日:

ラーメンの残り汁からバイオ燃料

ラーメンスープで車は走るのか―。岡山理科大の近藤千尋准教授(代替燃料)が、ラーメンの残ったスープから生物由来のバイオディーゼル燃料(BDF)を生み出すユニークな研究を進めている。学生たちとカップ麺をひたすら食べては油分を回収し、しょうゆやみそ味よりも「背脂豚骨系」がBDFに向くことを突き止めた。地球資源を循環させ、廃棄物対策にもなる“おいしい”燃料に注目が集まりそうだ。

Source: 山陽新聞(2019/07/28)

ブラジルのサトウキビ由来のエタノールのように、安価かつ大量に安定した品質の燃料が確保できるならいざしらず、大半のバイオ燃料は自動車用燃料には向いていません。

 



動画配信

 

 



-テクノロジー, 電気自動車
-, ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2019 All Rights Reserved.