テクノロジー 社会 電気自動車

プリウスPHVが太陽光で走る!ソーラーEVがアツい

投稿日:

プリウスPHVが太陽光で走る

シャープ、トヨタ自動車、新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)は7月4日、高効率の太陽電池パネルを搭載した電動車の公道走行実証を7月下旬に始めると発表した。航続距離や燃費向上効果を検証する。

シャープは、太陽光パネルの発電性能を表す「変換効率」が34%を上回る太陽電池パネルを製作。トヨタは「プリウスPHV」の車体に同パネルを搭載した実証用車両を製作した。

実証車が搭載する太陽電池パネルの定格発電電力は、市販のプリウスPHVにメーカーオプションで用意されているソーラー充電システムの約4.8倍に相当する約860Wを実現。1日あたりの最大充電電力量は、既存のソーラー充電システムが航続距離の約6.1キロ相当だったのに対し、今回の太陽電池パネルは駐車時で約44.5キロ相当、走行時で約56.3キロ相当を実現するという。

Source: ITmedia(2019/7/4)

 

 



動画配信

Youtubeのコメントを見ても「ソーラーカーなんて使えねーよw」という意見は根強いですが、(水素と違って)ダメでも他の人に迷惑がかかる話でもないので楽しみにしましょうよ。

 

 



-テクノロジー, 社会, 電気自動車
-, , ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2019 All Rights Reserved.