テクノロジー ビジネス 社会 電気自動車

何これ!?中国主導の次世代CHAdeMOプロトタイプがお目見え

投稿日:

次世代CHAdeMOプロトタイプがお目見え

先日行われたCHAdeMO協議会の総会で新しいCHAdeMOプラグの試作品が発表されました。

 CHAdeMO Association and the China Electricity Council (CEC) with blessing from Chinese and Japanese governments are working on a new "Ultimate" global fast charging standard with backward compatibility to older CHAdeMO and GB/T.

CHAdeMO協会と中国電力協議会(CEC)は、中国と日本の政府の承認を得て、古いCHAdeMOとGB/Tとの下位互換性を備えた新しい「究極」グローバルな高速充電規格の策定に取り組んでいる。

During the CHAdeMO’s general assembly, the prototype version of the new GB/T – CHAdeMO inlet was presented and according to what we have read, the power output will increase to 900 kW (at 900 A and 1,000 V).

CHAdeMOの一般的なアセンブリの間に、新しいGB/T-CHAdeMOインレットのプロトタイプバージョンが提示され、私たちが読んだ情報によると、出力は900kW(900Aおよび1,000Vで)に増加するだろう。

Source: InsideEVs(2019/06/27)

GB/Tとの統一が図られる新しいCHAdeMOの規格化は、中国側の主導で進められているようです。

新しい規格は2020年にリリースされる予定で、ChaoJi(チャオジ)という正式名称が付けられているのだそう。

チャオジ・・・中国語っぽいニオイがしますが何の略なんでしょうか?

 

またCHAdeMO協議会では、CECとの協力に加えて、独自規格のパンタグラフ版や低充電容量版(二輪車、フォークリフト等)の開発に取り組んでいることが発表されました。

 

おいおい、せっかくインフラの整備が進んでるのにクルマとオートバイで規格を分けるだなんて何考えてんだw


動画配信

もう少し細かい情報は動画でどうぞ。

 

関連記事

日本と中国がEV急速充電の規格統一へ。世界シェア9割超え

 



-テクノロジー, ビジネス, 社会, 電気自動車
-, , ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2019 All Rights Reserved.