OTHERS

【書評】石油の終わり エネルギー大転換

投稿日:

「新しい石油時代」に向けて

 

私は日本の近代史をふまえるとEVシフトによって政情が不安定な産油国から距離をおくことがエネルギー安全保障上のメリットになる思っていたんですが、どうもそんな単純な話ではないという視点を与えてくれる内容でした。

近年シェール革命によって石油自給率が上がった米国が「世界の警察」として振る舞うことをやめたことが近年の中東の騒乱につながってしまったことが示すように、今後オイルピークを迎え中東諸国から資金や投資が引き上げてしまったら、オイルマネーによって微妙な秩序を保っている中東諸国は紛争やテロの温床にもなりかねないでしょう。

その点、EVシフトや再生可能エネルギーの拡大によって新たに生じる地政学的リスクへの対応を考えさせられる内容であり、「新しい石油時代」を洞察する一冊です。

 

 



-OTHERS
-

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2019 All Rights Reserved.