社会 電気自動車

世界がエンジン車禁止に向かっている3つの理由

投稿日:2019年2月10日 更新日:

世界はEVシフト

ドイツ議会が2030年までに内燃機関エンジンの販売禁止する方針を採択したことを発端に、EUをはじめ世界各国でEVシフトが進行しています。

ただ、ひと口にEVシフトと言っても国ごとに目的や事情は様々ですので、その背景を3つのポイントにまとめてご説明しました。

 

今回は動画限定のコンテンツになります。

 

 



関連記事

2025年

オランダで電気自動車以外の販売を禁ずる法案が可決の見通し

ノルウェー、2025年までにガソリン車を廃止?

2030年

ドイツ:2030年までにエンジン車販売禁止へ。

インド、やっぱりEV化やめないってよ。

デンマーク:2030年までにエンジン車の販売終了。2035年にはハイブリッドも廃止

スウェーデン、2030年までにエンジン車販売禁止へ

2040年

フランスは2040年までにエンジン車を販売禁止

英国、2040年からガソリン車とディーゼル車を販売禁止へ

台湾、40年にガソリン車販売禁止 二輪は35年に電動化

スペイン、2040年までにガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車の販売禁止

2050年

経産省と自動車業界 2050年“ガソリン車”ゼロへ

未定

中国が化石燃料車の完全販売禁止を計画中

 

 



-社会, 電気自動車
-,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2019 All Rights Reserved.