ビジネス 電気自動車

ホンダと中国電池CATLが戦略的提携へ

投稿日:2019年1月30日 更新日:

ホンダとCATLが提携へ、トヨタも画策か

ホンダが、車載電池で世界首位に立つ中国・寧徳時代新能源科技(CATL)と戦略的パートナーシップを締結した。1月29日、両社幹部が基本合意書に調印したことを、ホンダ関係者が明らかにした。

ホンダは昨年11月に開催された広州モーターショーで、中国専用の量産電気自動車(EV)を世界初公開したばかり。

これはホンダの中国合弁先の地場ブランドモデルなのだが、2020年以降にホンダブランドのEVを中国市場へ投入して行く方針だ。この主力モデルに搭載される新型の車載電池をCATLと共同開発する。

CATLは2011年に創業した歴史の浅い企業でありながら、17年には、リチウムイオン車載電池の出荷量で日本のパナソニックを抜き、世界一に躍り出た巨大電池メーカーだ。

Source: ダイヤモンド・オンライン(2019/01/30)

 

これはポッと出た話ではなくて、2018年5月の時点でホンダとCATLが新型電池を共同開発することが報じられています。

ホンダは電気自動車(EV)の主力モデルに使う新型電池を車載用で世界最大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)と共同で開発する。2020年代前半に中国などで発売する最量販EVを中心に電池や関連する技術で協力する。

Source: 日経新聞(2018/05/23)

 

ホンダがなぜCATLを選んだか?各種の報道をサマると

  • 新型電池をゼロベースで開発することでホンダの技術的なノウハウが反映できる
  • ホワイトリストがある中国国内ではバッテリー調達に制約がある
  • CATLはBMWや上海汽車、ルノー・日産、PSA、ヒュンダイなどにも供給する方向でスケールメリットがある(=コスト競争力がある)

というところにありそうです。

 

ただ、ダイヤモンドの記事が指摘するとおりCATLの本社がある寧徳市は、習近平・中国国家主席が若い頃、地区共産党書記を務めていた市であり、昨今話題になっている華為技術(ファーウェイ)以上に政治色が強い企業であるといわれています。

そんな企業にEVの中核部品を握られるということは、、、ちょっと考えただけでもドキドキしちゃいますねw

 

とはいえ、別にバッテリーに限らず自動車部品というものは複数社から調達するのは購買業務の基本。

なんだかダイヤモンドでは、トヨタもパナという伴侶がありながらCATLに二股を・・・みたいな論調になってますが、パナソニックとてノーリスクというわけではないので、まあ仕様のバラけが事業の足を引っ張らない限りCATLなど他の企業に散らしていくことになるんじゃないですか。

 

まあどのメーカーを見渡してもCATLが出てくるのは、いささか気持ち悪い状況ではありますが。

 



動画配信

 

関連記事

トヨタとパナソニック、EVバッテリーの新会社を2020年に設立

ルノー・日産:中国二次電池メーカーCATLから車載電池調達

ほとんどの人が気づいていない中国の自動車外資規制緩和の裏側

 



-ビジネス, 電気自動車
-, , ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2019 All Rights Reserved.