ビジネス 電気自動車

EVトップランナーへの覚悟 ポルシェが男前すぎる

投稿日:

ポルシェのEVシフト

欧州の環境規制や新たなプレーヤーの台頭が、全世界的なEV(電気自動車)シフトを引き起こす。時は来た。ポルシェは初の量産EVスポーツカー「タイカン」でどのように戦いを挑むのか。動力だけじゃない、マインドの大転換が必要だ──。七五三木社長が決意を語る。

Source: Forbes(2019/01/19)

ポルシェがEVシフトを進める理由は以下の2点なのだそう。

  • 欧州の環境規制が厳しい
  • ユーティリティとスポーツカー性能の両立

とはいえ、ですよ。

ポルシェといえば水平対向エンジンなどもあるわけで、まあ普通なら「電動とエンジンの両方でお客様にご満足を・・・」とか言うと思うじゃないですか。実際、日本の自動車メーカーに同じインタビューをするとそんな感じになると思います。

 

でもポルシェは違うんですねー。そんなヌルいこと言わないんですよー。

しかしこれからはガソリンエンジンではなくて電気の自動車を売っていく。前例踏襲ではダメだと、非常に危機感を持っています。我々はポルシェエレクトリック販売株式会社という、最先端の知識と最先端のインフラを備えた会社にしていかなければいけないのです。

この覚悟たるや。漢だわ!

 

てなことで、本件についてもYoutubeでしゃべってます。

 



関連記事

ポルシェはEVに注力。ディーゼルは終了のお知らせ

EUが迫る電気自動車シフト 乗用車CO2 37.5%削減

 



-ビジネス, 電気自動車
-,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2019 All Rights Reserved.