クルマ 電気自動車

2022登場テスラ モデルS次期型は航続距離900km?

投稿日:

航続距離900km・自動運転レベル5

米テスラの4ドアクーペ、『モデルS』次期型に関する情報が入ってきた。それに伴い、デザイナーのEmre Husmen氏の協力のもと、予想CGを入手した。

2003年に創設されたテスラ社は、2008年に「ロータス」のアーキテクチャを採用した、初の生産モデル『ロードスター』を発売。そして2012年、満を持して発売された4ドアクーペが「モデルS」だ。大型テールゲートを持つそのルックスから5ドアハッチバックに寄ったデザインを特徴としている。

「モデルS」は発売から6年が経過し、次世代型の開発が進められているようだ。予想CGでは、フロンマスクに新デザインのLEDデイタイムランニングライトを装着。フロントスプリッター、サイドスカート、リアディフューザーなどを装備し、強力なダウンフォースを生む。またより流麗なフォルムによって空力向上が大幅に進化し、航続距離は1回の充電で900kmに伸びることが予想されている。これは現行『100D』の594kmから大幅な進化だ。

Source: Sypder7(2019/1/9)

リーフe+もそうですが、EVは航続距離が弱点だという認識は過去のものとなりそうですね。

あと自動運転レベル5ですか。2022年までに受け入れ側の法整備やユーザー心理などが整うかという問題はありますが、レベル5は日本では2030年以降といわれているなかでテスラの開発は着々と進んでいるみたいです。

 

スクープ記事の与太話に食いついてどうするって話ですが、夢がある話ですよね。



-クルマ, 電気自動車
-,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2019 All Rights Reserved.