クルマ 電気自動車

EUが迫る電気自動車シフト 乗用車CO2 37.5%削減

投稿日:2018年12月20日 更新日:

新車の3分の1を電気自動車に

欧州連合(EU)は17日、2030年の自動車の二酸化炭素(CO2)の排出量を21年比で37.5%減らす規制案をまとめた。今後自動車メーカーごとに具体的な削減幅を決める方針だが、ガソリン車やハイブリッド車の燃費改善では達成は困難とみられる。各メーカーは新車の3分の1程度を電気自動車(EV)などに代替する必要があるとの見方もある。

EUではこれまで執行機関である欧州委員会と、加盟国政府の意見を代表する閣僚理事会、欧州議会がそれぞれ別のCO2の排出規制案を打ち出して議論していた。欧州委員会(30%)や閣僚理事会(35%)の提案よりも厳しく、最も厳しかった欧州議会(40%)の提案に近い形での決着となった。今後、欧州議会と閣僚理事会の承認を経て正式決定する。

Source: 日経新聞(2018/12/18)

まさかCO2の削減目標が37.5%になるとは驚きました。

この数字はディーゼル車やハイブリッド車の改良によって到達できるレベルの目標ではなく、実質的にEUが自動車メーカーに電気自動車への転換を迫るものとなっています。

 

従来のエンジンやハイブリッド中心の改善では年率2〜3%しかCO2削減効果はありませんでしたので、9年間では

$$(1-0.03)^9=0.76$$

ということで24%減。37.5%減なんてほど遠い水準ですね。

つまりこれまでの延長線上では到達できないレベルが要求されているわけです。

実際は収穫逓減の法則により技術の伸びしろは無くなっていくはずなので、もっと苦しいはず。

 

実質的にこれは内燃機関に対する死刑宣告。

EV、最低でもPHEVに早く転換しろっていうEUからのメッセージです。

 



VWのEVシフトは生ぬるい

VWはCO2排出量の30%削減の実現に向け、向こう5年間で約300億ユーロ(340億ドル)の投資を実施する計画だが、ディースCEOはEUの基準がVWの予想より厳しいものとなるため、VWは戦略のさらなる変更を迫られているとし、電気自動車に軸足を一段とシフトさせる必要があるとの考えを表明。2019年秋に見直しが必要になることを明らかにした。

Source: Reuters(2018/12/18)

自動車メーカーの中でもフォルクスワーゲンのEVシフトはかなり過激なほうですが、それでも不十分だと。

今後、各社の戦略は大幅な見直しが迫られそうです。

 

大幅な人員削減は免れない

厳しい削減目標に自動車業界は反発を強めている。欧州自動車工業会(ACEA)は17日、「技術や社会経済の現状を無視した政治の産物だ。深刻な懸念を抱いている」との声明を発表した。ドイツ自工会(VDA)のベルンハルト・マテス会長は「欧州の自動車産業に重荷を負わせ雇用を危険にさらす」と批判した。

(中略)

ただ、急激なシフトを実行に移すには雇用の面で相当の痛みを伴う。EVはエンジン車と比べて部品点数が少なく現状の人員は必要ないからだ。

VWのヘルベルト・ディース社長は10月、独紙のインタビューで「40%減なら新車の半分以上をEVにしなければならない。そうなれば10年で4分の1の人員を削減しなければならない」と危機感をあらわにした。

Source: 日経新聞(2018/12/18)

電気自動車が普及するとエンジンの製造や開発にたずわっていた労働者が失業のリスクにさらされることは、ずいぶん前から論じられていました。

したがって気持ち的には同情しますが、この期に及んで逃げ遅れたことに対する不満の矛先を第三者に向けるのは筋違いかな、という気もします。

 

ちなみに自動車産業はグローバルビジネスなので、早かれ遅かれ日本でも同じようなことが起きる可能性はあるでしょう。

 

日本には自動車メーカーがたくさんありますので、事態が動き出すと転職市場はあっという間に供給過多になることは間違いないです。

少しでも先行きの不透明感や危機感を感じるなら、転職の準備をしておきましょう。

リクルートのハイクラス限定転職サイトに無料登録してスカウトを受け取る

 

関連記事

フォルクスワーゲン、エンジン終了のカウントダウン開始!

米GM、北米で1万4千人解雇へ EVなどに経営資源投入

VW、EV増産へ。ドイツ国内工場はEV生産拠点に刷新

GMが人員削減、勤続12年以上社員 1万8000人に早期退職募集

ポルシェはEVに注力。ディーゼルは終了のお知らせ

ドイツ自動車業界、電動化で大規模リストラ予想

VW、EVへのシフトで数万人削減も

 



-クルマ, 電気自動車
-

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2019 All Rights Reserved.