社会 電気自動車

100%電気自動車専門誌「E MAGAZINE」が創刊

投稿日:

日本の大手出版社初の電気自動車専門誌

100年に一度、自動車産業の大革命といわれているEVの今を、グラフィカルにまとめた一冊。

世界各国のEVベンチャーや自動車メーカーの最新EV情報。

EVレース「フォーミュラE」の解説から、クラシックカーを改造してEVにする、コンバートEVをアメリカ、日本で取材。

さらに、自動運転やライドシェア事情も、CASE、MaaSというキーワードとともに分かりやすく解説します。

Source:E MAGAZINE VOL.1 (NEKO MOOK)

これまで自動車雑誌や経済誌のなかでEVのトピックが取り上げられるということはありましたが、1冊まるごと電気自動車の専門誌は日本初ではないでしょうか。

しかも出版元は自動車や鉄道をはじめとする趣味関連の雑誌・書籍を出版発行しているネコ・パブリッシング!

 

発売は2018年12月20日ですが、発売前でも予約注文可能なので私はさっそくAmazonでポチらせていただきました。

こういったムック本は書店の入荷数が少なく売り切れも予想されるので、お求めはお早めに!

AmazonでE MAGAZINE VOL.1を詳しく見る

 

 

ちなみに12月16日現在は、Amazonで「E MAGAZINE」というキーワードで検索しても出てきません。

おそらく登録されたばっかりで、Amazonの検索が最適化されていないことに原因があるようです。

この不具合?はやがて改善すると思いますが、とりあえず手っ取り早く詳細を見たい方は下のリンクからAmazonの商品ページに飛べます。

AmazonでE MAGAZINE VOL.1を詳しく見る

 



E MAGAZINEの気になる中身は

目次を見る限り、すごーく濃い内容に仕上がってるみたいです。

日産や三菱のEVを取り上げた雑誌というのはこれまでもあったのですが、EVベンチャーや中国の電気自動車、フォーミュラE、海外のEV事情に正面から向き合って、しかもここまでディープに掘り下げた専門誌は初めてではないでしょうか。

しかも総ページ数150超えですので、かなり読み応えがあるボリュームだと思います。

 

正直、VOL.1からこんなに盛りだくさんで790円なんて大丈夫か・・・?なんて心配してしまうほどの内容。

電気自動車が大好きな方や世界の電気自動車ビジネスの最新動向をおさえておきたい方にオススメなので、ぜひチェックしてみてください!

AmazonでE MAGAZINE VOL.1を詳しく見る



-社会, 電気自動車
-,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2019 All Rights Reserved.