モータースポーツ 電気自動車

フォーミュラE 2018-2019シーズン開幕!日産の初陣を銀座のNISSAN CROSSINGで観戦してきた件

投稿日:

フォーミュラE 2018-2019シーズンについて

フォーミュラEは「電気自動車のF1」ともいわれる、化石燃料を使用しない電気自動車のフォーミュラカーによるレースです。

2014年9月から開催されていて、今季(2018-2019シーズン)で5年目になります。

今季から投入されるGen2(第2世代)マシンはエネルギー貯蔵能力が従来の約2倍となり、より大きなパワーと長い航続距離を実現。これまでフォーミュラEの大きな特徴としてきたレース中のマシン交換が不要になります。

 

日産は3年連続でシリーズタイトルを獲得した「e.dams」の株式を取得し、ルノーを引き継ぐ形でe.damsとのパートナーシップを締結し、「Nissan e.dams」として参戦します。

レギュラードライバーはセバスチャン・ブエミとオリバー・ローランド。スーパーGTを戦う高星明誠(たかぼしみつのり)とヤン・マーデンボローをそれぞれリザーブ兼テストドライバー、公式シミュレータードライバーとすることが発表しています。

 

今季のフォーミュラEは2018年12月15日、サウジアラビアで開幕。中東・南米・アジア・欧州・米国と転戦し、全13戦で開催されます。

 



NISSAN CORSSINGで観戦してきた

ということで、2018年12月15日に「NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)」で開催されていたフォーミュラE開幕戦のパブリックビューイングイベントに潜入してきましたので、その様子をレポートします!

 

アクセス

「NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)」は東京都中央区銀座。

東京メトロ銀座駅を出てすぐの場所にあります。

 

イベント

イベント開始は20時だったのですが、混雑時には入場制限がかかるということだったので19時半頃に到着。

地下鉄の出口を出ると・・・。

女性DJ「AMIGA」さんがEDMで会場を盛り上げています。ここ普段はクルマが飾ってる場所だったような?

 

中に入ると、いきなりフォーミュラEマシンが展示されていました。

本物はやっぱりカッコいいです。

変態化の一途をたどるF1なんかよりも全然スタイリッシュですし、ハロ(ドライバー頭部保護デバイス)もサマになってます。

 

2階に上がるとLEAF NISMO RCの展示もありました。

普通のリーフも十分かっこいいですが、レーシングカスタムするとますます精悍になります。

LEAF NISMO RCはイベント等でデモ走行をおこない、世界各国のファンにそのパワーとエキサイティングな走りを披露する予定。

 

LEAF NISMO RCの横には体験型アトラクション「e-Gravity」が。

「銀座4丁目交差点の空中散歩」を疑似体験できるというふれこみでしたが、内容はLEAF NISMO RCのサーキット走行をVRで体験できるというもの。

ロボットアームの先についているバケットシートに座るとヘッドセットの画像に連動して座面が動くんですが、左右Gが画面と反対でビミョーでした・・・。

 

お絵かきコーナーも。

 

このテのイベントには珍しく、アルコールを含むドリンクのサービスがありました。日産さん太っ腹!

おつまみにカレー味のサモサも振る舞われました。

 

サモサをつまみながらビールを飲んでレース開始を待ちます。

 

あっ、 高星選手とお姉さんが出てきた!

高星選手は今季、日産フォーミュラEチームのリザーブ兼テストドライバーを務めます。

ところで本人も「よくわかんない」って言ってましたが、なんでレースの当日に日本にいるの・・・?

 

レース結果

高星選手とお姉さんが今季のフォーミュラEの見どころなどをおさらいなどをしているうちに、いよいよレーススタート!

 

予選で3位につけたNissan e.damsチームのセバスチャン・ブエミ選手の活躍が期待されます。

 

フォーミュラEはシャシーこそワンメイクですがパワートレインや制御はチームで独自開発OK。

日産のマシンはあんまり調子良くなかったのか、苦しいレースでした。

 

スクリーンを見ながらワーキャー騒いでるうちにレース終了。

日産勢は6位7位フィニッシュのダブル入賞です!

 

フォーミュラEは45分間のタイムレースですが、このぐらいの長さは飽きがこなくてちょうど良いですね。

F1だとレース時間はだいたい1時間30分ぐらいあるんですが、長すぎです。さらにバトルも少ないので深夜に見てるとたいてい眠くなりますが、45分だと眠くなる前に終わります。

 

まさかの指原越え?!Twitterの評判は上々

フォーミュラEはストリートサーキットでのレースに加え、マシン差も少ないため、F1よりもバトルシーンが多くレース展開が面白いのが特徴。

さらに今年は日産が参戦するということで、Twitterでも大いに盛り上がりました。

 

ときどきレースを見ながらTwitterのTLを追いかけているのですが、今回はかつてないほど評判が良かったです。

 

 

今回いちばん驚いたのは、レース当日の12月15日は指原莉乃さんがHKT48を卒業することが報じられていたのですが、なんとTwitterのトレンドランキングで「フォーミュラE」が「指原莉乃」を上回ってたんです!

 

こういった「指原越え」のようなバズりはF1などではみられない現象。

これはTwitterのコアユーザー層の年齢とフォーミュラEのファン層の年齢が近いことに起因するものと思われます。

 

若者のクルマ離れが叫ばれて久しいですが、レース業界も例に漏れず観客の高年齢化が進んでいます。

レースを運営するFIAはレースイベントの高年齢化を危惧していて、フォーミュラEは初年度の2014-2015シーズンからSNSを駆使したマーケティングや参加型コンテンツに積極的にトライするなど、明らかに若年層の取り込みを意識したプロモーション戦略がとられています。

 

古くからのレースファンにとって、人気投票で急加速できる「ファンブースト」やマリオカートのように一時的に出力がアップする「アタックモード」、Youtube Liveでのライブストリーミングなどは邪道に見えるかもしれませんが、それこそが差別化戦略でもあるのです。

ジジイに嫌われてナンボやな!
言い過ぎw!

 

まとめ

ということで、いつものやつ行っときましょう!

年齢はともかく、既存のモータースポーツとフォーミュラEの観客の価値観は親子ほど離れています。レースに興味がある人もそうでない人も、百聞は一見にしかず。

あなたも日産の参戦で盛り上がる新しいフォーミュラEを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 



-モータースポーツ, 電気自動車
-, ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2019 All Rights Reserved.