ビジネス 電気自動車

フォルクスワーゲン、エンジン終了のカウントダウン開始!

投稿日:

最後の内燃機関自動車は2026年

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は4日、最後の内燃機関自動車を2026年に発売し、2040年ごろまで販売を継続する意向を示した。いわゆる「ディーゼルゲート」事件と呼ばれる排ガス不正危機を脱するとみられるVWは温室効果ガス排出の削減策を次々と打ち出している。

(中略)

VWの戦略責任者、VWの戦略責任者、ミヒャエル・ヨースト(Michael Jost)氏は4日、ドイツ北部ウォルフスブルク(Wolfsburg)のVW本社の近くで開催された自動車業界の会議で、同社は「カーボンニュートラル(CO2の排出量と吸収量のバランスが取れている状態)でない最後の自動車用プラットフォーム(訳注 複数車種で共有する車台(シャシー)などの基本部分)の設計」に着手していると発表した。

Source: AFP(2018/12/5)

すでに最後のエンジンの設計に着手しているとのことですので、カウントダウンは始まっています!

カウントぉ、ダウン!

 



オットーサイクル発明から150年の節目

こんにちのガソリンエンジンの多くが採用する4ストローク機関は、ドイツ人の発明家ニコラウス・アウグスト・オットーが1876年に開発したものです。

ニコラウス・アウグスト・オットー(Nikolaus August Otto, 1832年6月10日 - 1891年1月26日)

 

それから150年。

ついにフォルクスワーゲンではエンジンの開発が終了します。

いやぁ、長い道のりでした。お疲れ様です。

 

関連記事

VW、EV増産へ。ドイツ国内工場はEV生産拠点に刷新

 



-ビジネス, 電気自動車
-,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.