イベント クルマ 電気自動車

ホンダのヴェゼルベース新型EVは中国だと補助金込みで280万円←安すぎ

投稿日:

中国では補助金適用で2万5000ドル(約280万円)

Honda, with its Chinese partner GAC, has launched a new all-electric crossover in China and it’s going to sell for the equivalent of just ~$25,000 USD.

Hondaは中国のパートナーであるGAC(広州汽車)と共同開発した電動クロスオーバーはわずか2万5千ドル相当での販売を予定しています。

Source: electrek

仮に補助金なしの車両価格が350万円(日本では補助金込みで310万円程度)だとすると、なかなか競争力ありそうですね。

2019年1月にも発売されると噂されている60kW(64kW?)のリーフe-Plusが車両価格400万円程度といわれていますので、日系2車種が束になればテスラ・モデル3(車両価格500万円?)を迎撃できるかもしれませんね。

 

 



関連記事

ホンダの新型EV「理念VE-1」はコンパクトSUVヴェゼルがベース。日本発売は?

 



-イベント, クルマ, 電気自動車
-,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.