クルマ ビジネス 電気自動車

テスラのスーパーチャージャー、2019年末までに設置数は倍増へ、年初には倍速充電器も

投稿日:

2019年末までに充電器の設置数は倍増へ

Teslaのイーロン・マスクCEOは、同社が展開する電気自動車(EV)向けの充電施設「スーパーチャージャー」の数を2019年末までに倍増させる計画を明らかにした。

Source: TECHABLE

このツイートを見た瞬間に、ワタクシ思わず「倍速」とツイッターで呟いてしまいましたが、正しくは「倍増」でした。

 

現在19か所なので、来年末には単純計算で38か所になります。

スーパーチャージャー設置状況(2018年11月23日現在)

 

日本にはCHAdeMO(出力50kW)もあるとはいえ、テスラのスーパーチャージャーの出力は120kWもの超急速充電器なので数が増えると嬉しいですよね。

ますます便利になりそうです。

 



2019年初頭には充電速度も倍速へ

また、高速で充電できる次世代スーパーチャージャーV3を来年初めに導入する計画だ。

Source: TECHABLE

次世代スーパーチャージャーV3の最高出力は200〜250kWにも及ぶと言われています。

現行のスーパーチャージャーの最高出力は120kWなのでおよそ倍速ですね。

 

EVsmartさんによると、モデルSは「30-60分(多くの場合40分で十分)でほぼ80%〜満タン」とのことなので、単純計算では15〜30分でほぼ80%〜満タン(実際はもう少しかかると思いますが)。

15分なんてちょっとトイレ行ってコーヒー飲んでスマホ見たら終了ですよ。

いよいよEVオーナーもゆっくり休んでられなくなりますねw

 



-クルマ, ビジネス, 電気自動車
-, , ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.