イベント バイク 電気自動車

ホンダ、広州モーターショー2018で電動スクーター公開 年内に市販モデル発表へ

投稿日:

ホンダ『Eモビリティコンセプト』公開

ホンダの中国部門は、広州モーターショー2018において、ホンダ『Eモビリティコンセプト』(Honda E-Mobility Concept)を初公開した。

Eモビリティコンセプトは、ホンダが中国市場向けの電動スクーターを提案したコンセプトモデルとなる。ホンダは、Eモビリティコンセプトをベースにした市販モデルを、2018年末に公式発表する予定だ。

Source: Response

電動スーパーカブの情報は依然として途絶えたままですが、中国ではホンダの電動スクーターが発売されるようです。

 



情報まとめ

ホンダ中国法人のニュースリリースは次のように伝えています。

此外,Honda还展出了专门为中国市场打造的纯电动两轮概念车型:E-Mobility Concept。其采用低重心设计,兼具便捷与稳定;标准配备CBS联动制动系统,有效提高安全性;搭载GPS全球定位系统,准确定位路线,实现移动智能化,同时还配有超长寿命的Honda锂电池,提供充沛电力。轻松舒适、高效耐用的全新Honda智能电动两轮车,将以Honda独有的Smooth Ride Feeling,为中国消费者创造自由移动的乐趣。以本次发布的Honda E-Mobility Concept为基础而开发的量产车型计划在2018年底正式发布。

加えて、Hondaは中国市場向けの電動2輪コンセプトモデルE-Mobility Conceptを展示しました。 安全性を重視したCBSリンケージブレーキシステムを標準装備した低重心設計を採用し、航路を正確に把握してモバイルインテリジェンスを実現するGPSグローバルポジショニングシステムを搭載しています。 バッテリーは十分な電力を供給します。 新しいホンダスマート電気二輪車は、ホンダ独自のスムーズライドフィーリングで、中国の消費者に自由な動きをもたらす、簡単で快適で効率的で耐久性のある2輪車です。 今回発表されたホンダのE-Mobility Conceptに基づく生産モデルは、2018年末に公式に発表される予定です。

Source: Hondaニュースリリース(2018.11.16)

 

改めて調べてみると、実はこのモデルは初公開ではなく、2018年5月に上海で行われた中国国際博覧会でお披露目されていました。

2018中国国际摩托车及零部件展览会
日期: 2018年5月6日〜5月9日 / 地点 : 上海国家会展中心

Honda发布了首款中国专属电动车概念车型Honda E-Mobility Concept。该款车型采用低重心设计,兼具便捷与稳定; 标准配备CBS联动制动系统,有效提高安全性;搭载GPS全球定位系统,准确定位路线,实现移动智能化,同时还配有超长寿命的Honda锂电池,提供充沛电力。轻松舒适、高效耐用的全新Honda智能电动车,将以Honda独有的Smooth Ride Feeling,为中国消费者创造自由移动的乐趣。以本次发布的Honda E-Mobility Concept为基础而开发的量产车型计划在2018年内与大家见面。

2018年中国国際モーターサイクル・パーツ展
開催日:2018年5月6日〜5月9日/会場:上海全国大会展示センター

ホンダは、中国初の電気自動車コンセプトモデルである初のホンダEモビリティコンセプトを発表しました。 このモデルは、安全性を向上させるためにCBSリンケージブレーキシステムを装備しており、経路を正確に特定し、モバイルインテリジェンスを実現するGPSグローバル測位システムを備え、長寿命です。 ホンダのリチウム電池は十分なパワーを提供します。 簡単で快適で効率的で耐久性のある新しいホンダスマート電気自動車は、ホンダ独自のスムーズライドフィーリングで中国の消費者に自由な動きをもたらします。 今回発表されたホンダのE-Mobility Conceptに基づいて開発された生産モデルは、2018年に予定されています。

Source: Honda

 

さらに、5月の中国国際博覧会を報じる中国メディアの報道によると、

Honda E-Mobility Concept外观十分简约,全车基本都是采用的笔直线条,运动风十足,配色简单大方,后视镜则是圆形复古风格。全车采用了LED大灯,更加节能高效。

Honda E-Mobility Conceptの外装はとてもシンプルです。車全体は基本的にペン付きの直線で、動きは満ちていて、色はシンプルで寛大で、バックミラーは丸いレトロスタイルです。 車はより効率的なLEDヘッドライトを使用しています。

这款电动车采用了低重心的设计,兼具便捷与稳定;配备了CBS联动刹车系统,提高了安全性;搭载了GPS全球定位系统,一方面加强防盗性,另一方面还可以实现GPS导航。新车同时将配备本田的锂电池。

この電気自動車は、安全性を向上させるためにCBSリンケージブレーキシステムを装備していますが、一方で盗難防止機能を強化するGPSグローバルポジショニングシステムとGPSナビゲーションを搭載しています。 。 新車にはホンダのリチウム電池も搭載される予定だ。

其实早在去年就流传出本田将会推出一款电动车,其重要指标就是双70,即最高时速70公里,最大续航70公里,而这款最新发布的电动车应该就是按照这个标准制造的。

事実、昨年早くもホンダは電気自動車を発売する予定で、重要な指標は70キロメートルの最高速度70キロメートルの最大寿命である二重70であり、この新しくリリースされた電気自動車はこの規格に従って製造されるべきである。

Source: jiguo.com

 

内容をまとめると、

  • ブレーキ:CBS(コンバインド・ブレーキ・システム)
  • 低重心:足置きが不自然に分厚いので床下バッテリーか?
  • バッテリー:リチウムイオン電池
  • 最高速度:70km/h
  • 航続距離:70km(測定条件は不明)
  • GPS:走行経路探索、盗難防止機能
  • ヘッドライト:LED
  • 走り:スムーズライドフィーリング(電動なんで当たり前な気がしますが・・・)
  • 生産開始:2018年末

です。

 

ちなみにデザインに関してですが、写真では左側にウィンカーのスイッチらしきものが見えるのですが、

 

車体には前も後ろもウィンカーが付いてない・・・。

 

ということで、中国の法規はよくわかりませんが、さすがにウィンカーを付けずに量産されることはないと思いますので、量産モデルは少しデザインが変わるかも知れません。

 

なぜ中国?日本発売は?

中国で発売される背景は、同国の電動バイク市場の大きさによるものとみられます。

アジア全体で電動二輪車市場が拡大していることがわかりますが、全体の規模が6,500万台に対して中国だけで6,000万台と圧倒的な市場マスを誇ります。

これ見ると中国の次はインド、ASEAN。最後に気が向いたら日本・・・ぐらいな感じですかね。

 

ちなみに中国では電動バイクなら自転車のようにどこでも走れ、免許もなければヘルメットの義務付けもなく税金も自賠責保険もない、完全にフリーダムなカテゴリーなのだそう。

これは政府が都市部の大気汚染対策と新エネルギー車産業の振興のために、都市部でエンジンバイクの乗り入れを禁止・制限をして市場から締め出したのが要因みたいです。

おかげで世界に先駆けて巨大な電動バイク市場とそれを支える産業が育ったわけです。

 

こうした中国のやり方については賛否もありますが、日本では絶対できないやり方でイノベーションをグイグイ進められる環境というのはとても羨ましいです。

 



-イベント, バイク, 電気自動車
-,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.