ビジネス 電気自動車

パナソニック、米にEV電池の開発・生産技術移管

投稿日:

パナソニック、米にEV電池の開発・生産技術移管

パナソニックは2019年4月から、電気自動車(EV)大手の米テスラに供給している車載電池の研究開発と生産技術の機能を、日本から米国に順次移管する。テスラ向け車載電池はパナソニックの経営をけん引しつつある一方、電池生産を急速に立ち上げたためコストも急増した。テスラは今後もEV生産拡大を視野に入れており、パナソニックは開発と生産技術を現地主導に切り替えてテスラの要望に迅速に対応する。両社の協業を密にし、車載電池事業を加速する。

Source: ニュースイッチ

開発と生産技術のみならず、企業において関連部門同士や現場・意思決定者が物理的に離れてるってのは、コミュニケーションコストが高くて効率が悪いんですよね。

会って話せば1分で済むことなのに、やれメールだの、やれ資料だの・・・。

ですので今回の移管でギガファクトリーの事業効率はさらに向上するものと期待されます。

 

パナソニックの電池事業の中の人は大変だと思います(実際、大変らしい)が、革新的な電気自動車が生まれることを楽しみにしてますよ!

 



-ビジネス, 電気自動車
-, ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.