社会 電気自動車

ガソリン車廃止で、大通りに面したマンションが“大化け”する!?

投稿日:2018年8月28日 更新日:

ガソリン車廃止で、大通りに面したマンションが“大化け”する

大通りに面したマンションは今はまだ敬遠する人が多い。その理由は、騒音と排気ガス。うるさいだろう、臭いだろう、健康に害があるだろうと敬遠する人が多い。

(中略)

今、車の世界は、ガソリン車廃止の方向に傾いている。20年余り先の2040年代には電気自動車が主流になるのではないか。多くの人が漠然とそう考えている。

その漠然とした思いから、想像を少し進めてみよう。

電気自動車を中心に、騒音や排気ガスを出さない車が主流になったら、どうなるだろう。大通りに面したマンションを敬遠する大きな理由がなくなる。

Source: Yahoo!ニュース

大通りに面したマンションは排ガスや騒音などで評価が低く抑えられているけれど、EVの普及によってこれらのネガティブ要因が払拭され、大通りに面していると眼の前が開けていて日当たりも良いので「大化け」の可能性があるのだとか。

この記事に限らずクルマの電動化や自動化の話になると「ゼロかイチか」みたいな極端な論調になりがちですが、世の中いきなりEVだらけになることはないから焦りなさんなw

 



-社会, 電気自動車
-

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.