クルマ ビジネス 電気自動車

あら、おたくも広州汽車?トヨタ、フィアット、ホンダ、三菱自が中国規制対応で異例の対応

投稿日:2018年11月6日 更新日:

トヨタとフィアット、ホンダ、三菱自が同じベースの車の販売を計画

自動車メーカーは自社ブランド車が目立ってほしいと思うのが普通だ。しかし、中国の環境対応車推進の取り組みを受け、トヨタ自動車とフィアット・クライスラー、ホンダ、三菱自動車の4社が同じベースの車の販売を計画しているという異例の動きに出ている。

4社はいずれも広州汽車集団が開発した電動スポーツタイプ多目的車(SUV)をベースとする車の販売を計画。広州汽車は4社全ての中国生産パートナーだ。新たな車は車体後部に各ブランド名が付けられる以外は、同じ外観となる。今回の方法を取ることで、各社は中国の排ガス基準の厳格化により迅速に対応し、独自の電気自動車(EV)モデル開発を進める時間的猶予を得られる見通しだ。

Source: Bloomberg

 

ベースとなる広州汽車のクルマはこれです。スペックはこちら。

 

「ハイブリッド作ってるから、構造が単純なEVなんていつでも出せる」なんて威勢のいいことを言ってたのはどこの会社でしたかね?

 



関連記事

トヨタが広州汽車の技術活用で中国EV市場に参入

 



-クルマ, ビジネス, 電気自動車
-, , , , ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.