MaaS クルマ ビジネス ビジネス 自動運転 電気自動車

無印良品のEVがカッコいい!低速電気自動車は自由だ

投稿日:

無印良品デザインの自動運転バス、2020年実用化へ

海外でもMUJIとして認知度が上昇している無印良品のデザインが、フィンランドの街や風景にすっと溶け込むようなプロジェクトが進行している。

無印良品を展開する良品計画は、フィンランド企業が開発中の電気自動運転バス「Gachaシャトルバス(仮称)」に車体デザインを提供したことを発表した。このバスはフィンランドの街を2020年から走るようになる見込みだ。

Source: TECHABLE

Gachaシャトルバスは、自動運転技術の研究開発を行う企業Sensible 4(フィンランド)が開発を進めている自動運転バス。定員は16名、自動運転時は最高時速40km/hで、最大の特長はあらゆる気象条件下でも機能する点にある。

自動運転においては、さまざまな気象条件に対応した走行が大きな課題とされているものの、現在世界の既存技術の多くが、比較的温暖な気候の元でテスト・開発されており、大雨や霧、雪といった気象条件の下での自動運転車両の実用化には至っていない。そんな中でSensible 4は、「北極圏のラップランドにて技術テストと検証を進めてきた」という。

Source: ロボスタ

 

いわゆる自動運転のLSEV(Low Speed Electric Vehicle:低速電気自動車)というジャンルですね。

 



おしゃれなデザイン

森と湖が多く、自然豊かな北欧の国・フィンランド

ガラス製品の「イッタラ」、テキスタイルデザインの「マリメッコ」、陶器の「アラビア」など世界に知られるデザインブランドの故郷としての顔も持ちます。

 

一方の無印良品のプロダクトは一見デザインされていないように見えて、実はシンプルで使いやすい高度なデザインが施されているのが特徴で、無駄を廃したミニマリズムからはそこはかとなく北欧テイストも漂います。

 

そんな無印良品フィンランドの企業Sensible 4の自動運転バスをデザインしました。。

 

クルマのデザインにおいて、EV化と低速化がデザインにもたらす恩恵は大きいです。

EVはバッテリーやインバーターなど構成モジュールのレイアウトに柔軟性があるので、エンジン車に比べるとデザインの自由度が増します。

また、低速化は衝突安全や動力性能の要求値がグッと下がるので、クルマの設計が楽になります。(運動エネルギーや空力、振動など、自動車にまつわる物理現象は、速度の二乗で効くものが多い)

 

寒冷地の自動運転

デザインに気を取られがちですが、このニュースでもう一つ注目すべきは「寒冷地」。

 

実は現在の自動運転技術は、雪が降るような寒冷地が苦手です。

 

自動運転の目と言われるLiDARは、赤外線レーザーの送受信部に着雪すると周囲の環境が検出できなくなります。

また、積雪という気象条件下ではレーザー光が散乱し、カメラ画像でも環境の検出が難しくなります。

さらに積雪により標識や道路境界線などが覆われてしまうと、もうどこ走ってるんだかわからなくなります。

 

ということで、

北極圏のラップランドにて技術テストと検証を進めてきた」

というコメントは、頼もしいかぎりです。

 

その点、日本は熱帯から豪雪地帯まで揃っているので、実験環境としては類まれなほど恵まれた国なんですが・・・。

 

関連記事

北海道大学、積雪寒冷地に特化した自動運転技術を開発

ベルリンで自動運転バス=来年にも完全無人に

ドイツ鉄道の自動運転バス

 



-MaaS, クルマ, ビジネス, ビジネス, 自動運転, 電気自動車
-, , , , ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.