ビジネス 電気自動車

サウジ政府系ファンド、テスラの競合への出資検討

投稿日:2018年8月21日 更新日:

サウジ政府系ファンド、テスラの競合への出資検討

サウジアラビアの政府系ファンド(SWF)「パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)」は、米電気自動車(EV)メーカー大手テスラの競合である米ルーシッドモーターズへの出資で協議を行っている。関係筋が19日に明らかにした。

Source: Reuters

テスラのイーロン・マスクCEOは、同社の株式非公開についてサウジの政府系ファンド「PIF」が支援する可能性があることについて言及していましたが、なんとそのPIFがテスラのライバルである米EVベンチャーのルーシッドモータースへの出資で協議していることが明らかになりました。

イーロン・マスクの先走ったツイートが裏目に出たかたちですが、ビジネスの世界には駆け引きはつきもの。

ソフトバンクだってライドシェアでライバル同士であるUBERとDiDiの両方に出資してますしね。

 



関連記事

米当局がマスク氏調査、ツイッターでの非公開化検討表明で

テスラ、株式非公開化を検討 マスクCEO「資金は確保」

 



-ビジネス, 電気自動車
-, , ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.