社会 電気自動車

石油業界再編でガソリン価格高止まり。消費者離れ懸念

投稿日:2018年8月17日 更新日:

石油業界は再編で価格競争を放棄

石油元売り各社の収益が急拡大している。14日出そろった2018年4~6月期連結決算は純利益が大幅に改善。業界再編で過度な安売り競争が鳴りを潜め、ガソリンなどのマージン(利幅)が改善したのが大きい。来春の出光興産と昭和シェル石油の統合で価格はさらに安定する見通しだが、ガソリン高は消費者離れを招きかねない。持続的な業績拡大には、消費者がメリットを感じられるようなサービス競争が必要になる。

Source: 日経新聞

ガソリン業界は再編、といえば聞こえは良いですが、要は寡占で価格競争を放棄したおかげで儲かってるらしいんですが、廃業が止まりません・・・。

 

ガソリンが安くなるとエンジン車乗りは喜ぶけどガソリンスタンドの廃業は加速、だからといって価格競争を放棄しても廃業は止まらない・・・。

もう構造的にこの業界だめじゃんw

 



関連記事

エンジンの進化にまつわるパラドックスの正体

 



-社会, 電気自動車
-,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.