バイク ビジネス 電気自動車

台湾Gogoroのプラットフォーマー戦略が止まらない!DHLとパートナーシップ締結

投稿日:

電動スクーターの台湾GogoroがDHLと提携

DHL Expressは、Gogoro 2 Utility Smartscootersを台湾の業務用車両に追加することを発表しました。

DHLの副社長マイク・ルー氏は「Gogoroとの提携は2050年までに全世界でゼロエミッションを達成するというDHLの目標への重要なステップです」と述べています。

 

Gogoro’s scooters and battery swap stations were originally limited to just consumer use. Now the company is expanding their reach by targeting commercial users.

これまでGogoroのスクーターとバッテリースワップステーションは一般消費者向けに限られていましたが、同社は商用ユーザーをターゲットとして事業を拡大しています。

Two Taiwanese scooter companies, Aeon and PGO, will be added to the Gogoro Energy Network. Both companies will begin building electric scooters that accept Gogoro’s swappable battery standard.

台湾のスクーター製造会社AeonとPGOの2社がGogoroのエネルギーネットワークに追加されます。両社はGogoroの交換可能なバッテリー規格に適合した電動スクーターの製造を開始します。

In addition, Gogoro announced partnerships with DHL and Taiwan Post. Both companies will begin using Gogoro 2 Utility scooters, designed specifically for commercial applications.

さらにGogoroはDHLと中華郵政とのパートナーシップも公表しました。両者は商業用途向けに設計されたGogoro 2 Utilityスクーターの使用を開始する予定です。

Source: electrek

 

ちなみにGogoroは2018年9月11日付でヤマハともパートナーシップの検討を開始することをアナウンスしていて、協業にかなり積極的です。

 



インフラは早いもの勝ち

なぜGogoroはこれほどまでに協業を急ぐのでしょうか?

その理由はインフラプラットフォーマーとしての戦略にあります。

 

Gogoroは台湾の電動バイクベンチャーと言われますが、実は事業の本質はインフラビジネスです。

同社CEOホレイス・ルーク氏の過去のインタビューなどによると、Gogoroは電動バイクそのものにはあまりこだわりはなく、「GoStation」というバッテリーステーションネットワークを売るための手段としてたまたま電動バイクを扱っているだけのようです。

 

一般に、インフラビジネスにはネットワーク効果(ネットワーク外部性ともいう)が働くといわれています。

ネットワーク効果とは、顧客が増えれば増えるほどネットワークの価値が高まり、顧客にとっての便益が増すことをいいます。

Gogoroのケースで考えると顧客は電動バイクの需要家ですね。電動バイクの需要家が増えれば増えるほどGoStationネットワークの価値が高まるのです。

 

そしてネットワーク効果が働くサービスや製品は、品質や技術よりも利用者の数によって得られる便益の方が大きいので、あるサービスや製品が一旦シェアで優位になると爆発的にユーザーが増加する傾向があります。

例えば電話。

1台ではモノとしての価値しかありませんが、ユーザーが増えてネットワークが形成され始めると「離れた人と会話ができる」という価値が生まれ、爆発的にユーザーが増えました。

 

ネットワーク効果をドライブするうえで重要なのはスピードです。多少は品質や技術が悪くても、利用者の数を早く増やすことのほうが重要。

台湾の都市部では半径およそ1kmごとにGoStationが配置されていて、2018年10月現在で811箇所にものぼります。

 

そして台湾は人口100人あたりの二輪車保有台数はブッチギリの世界一位。

電動バイクの新規ビジネスを始めるには適した環境です。

 

この環境であれば、インフラプラットフォーマーとしての盤石の地位を築くのも時間の問題。

 

バッテリーステーションビジネスはホンダや台湾のキムコも参入を目指しているとされますが、一旦Gogoroが基盤を築いてしまうとその牙城を切り崩すのは至難の業でしょう。

 

関連記事

DHLのEVを手がけるドイツのベンチャーが日本進出!?

ヤマハとGogoro、EVで協業を検討 電動バイクとバッテリー交換システムを調達

電動バイク「電池交換式」モデル相次いで発表 台湾

台湾、EV全面移行を検討 30年にも、まずバイクから

 



-バイク, ビジネス, 電気自動車
-, ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.