ビジネス マネー 投資 電気自動車

アンチ息してる?テスラが黒字に転換したよ!

投稿日:

生産地獄から抜け出したテスラが黒字転換!

電気自動車(EV)のテスラが24日夕に発表した2018年7~9月期決算は最終損益が3億1151万ドルの黒字(前年同期は6億1937万ドルの赤字)に転換した。最終黒字は16年7~9月期以来、8四半期ぶり。量産車「モデル3」の生産が拡大し、同車種の売上高総利益率も想定以上に改善した。

Source: 日経新聞

 

まずは偉業を讃えて、アンチ・テスラの巣窟であるNewsPicksを覗いてみましょう。

手のひら返しすらせず黙るマスク批判派ピッカー達(笑)

あれだけ叩いていた自称アナリスト達はいったい何を見てたのかwもしくはどんな忖度をしてたのかw

ほんと、調子が悪いと叩きのめして、調子いいと賞賛コメントばかり。なんだかなー。いつもマスクをボロクソに言っているピッカーたちはどこへいったのやら。

 

なんだコレ、いつもと雰囲気がぜんぜん違うじゃん!
マジでアンチ息してないんじゃないかw
ククク....

 



驚異的な利益率

主力であるモデル3の販売台数5万6065台に対して、2018年7~9月期決算は最終損益が3億1151万ドル(約350億円)の黒字だそうで。

モデルSやモデルXも合わせた台数は公表されていませんが、直近の販売統計から推測するに7万5000台程度になるとみられます。

ということで、1台あたりの営業利益は47万円程度。

 

これはBMWやベンツ、アウディなどドイツの高級車に匹敵する水準ですね。

投資が先行している中でコレなので、かなり優秀であると言えるでしょう。(それはそうと、日産やホンダは大丈夫なのだろうか・・・?)

Source: テレビ東京 未来世紀ジパング(2015)

 

テスラの資金繰りには少し余力があるようで、2019年11月に償還期限を迎える負債をおよそ22億ドル抱えているようですが、現時点で株式や債券による資金調達は計画していないとのこと。

企業は家計とは違って黒字なら良いってもんじゃないですが、テスラはまだまだ拡大基調にあるのでキャッシュを設備投資や借入金の返済なんかに充てて少し利益を減らしても問題なさそうですね。

 

赤字のほうがアンチも喜ぶだろうし、なんてねw

関連記事

米国販売台数でテスラがメルセデスを超える、レクサスも打撃

 



-ビジネス, マネー, 投資, 電気自動車
-,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.