テクノロジー 自動運転

テスラ、NVIDIAの10倍速い自動運転用AIチップを自社開発

投稿日:2018年8月2日 更新日:

テスラ、NVIDIAの10倍速い自動運転用AIチップを自社開発

テスラCEOのイーロン・マスク氏が、最新の収支報告において、これまで少なくとも2年のあいだ極秘に独自の自動運転用AIチップを開発していたことを明らかにしました。

このチップは完成すればModel S /3 /Xに向けた第3世代Autopilot用ハードウェア(HW3.0)に搭載され、これまで以上に完全自動運転実現の可能性を得ることになります。マスクCEOは「3か月後に専用のAIハードウェアの生産を開始する」と語っています。

Source: engadget

テスラは自動運転用のAIチップを内作する方針なんですね。

現行のModel S/3/Xに搭載されているNVIDIAのAIチップの処理速度は200pfs(フレーム/秒)ですが、新しく開発しているオリジナルAIチップは2000fpsとのことで10倍の処理速度が実現される模様。

これによりテスラのオートパイロットがますます高度化することが期待されます。

 



-テクノロジー, 自動運転
-, ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.