社会 電気自動車

EVは本当に環境に優しいのか-電池の製造過程で多くのCO2排出

投稿日:2018年10月20日 更新日:

EVでCO2削減は建前だと何度言えば

今や大手の乗用車メーカーは全て、電気自動車(EV)計画を進めている。温室効果ガス削減のためだが、EVに搭載されるリチウムイオン電池の多くは、中国やタイ、ドイツ、ポーランドといった石炭などの二酸化炭素(CO2)を多く排出する非再生可能エネルギーを主な電力源として頼る国々で生産されている。

ドイツやポーランドのドライバーは今のところ燃費の良いディーゼルエンジン車に乗った方がまだましかもしれない、と主張するのは独ミュンヘンに本社を置く自動車コンサルティング会社ベリルス・ストラテジー・アドバイザーズのマネジジングパートナー、アンドレアス・ラディッチ氏だ。

Source: Bloomberg

 

EVでCO2削減は建前だと何度言えば・・・
そんなにCO2がイヤなら車なんか乗るなよw

 

 

 

 

 



-社会, 電気自動車
-

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.