ビジネス 電気自動車

米国販売台数でテスラがメルセデスを超える、レクサスも打撃

投稿日:

テスラの米国販売台数がメルセデス超え

テスラの米国における四半期ベースの車両販売台数が、史上初めてメルセデス・ベンツを上回った。テスラは今年の第3四半期(7〜9月)に6万9925台のモデル3及びS、Xを米国で販売した。

Source: Forbes

米国でのメルセデスのラインナップはCクラス、Eクラス、Sクラス、GLA、GLC、SL、マイバッハ・・・などなど26車種もあるんですが、なんとモデルS、X、3の3車種しかないテスラが販売台数で上回ってしまいました!

 



レクサスにも打撃

テスラは7~9月期(第3四半期)の納車台数が8万3500台に達したと明らかにした。これは米乗用車市場でテスラがシェアを伸ばしていることを表している。

一方、トヨタ自動車の「レクサス」やダイムラーの「メルセデス・ベンツ」は9月に販売を減らした。メルセデスの販売は主力のセダン「Cクラス」が前年同月実績から24%減少し、クロスオーバーもGLCを除いて不調で、全体で9.8%落ち込んだ。メルセデスにとって販売減は4カ月連続。1~9月ではBMWに対するリードが319台にとどまっている。レクサスの9月の販売は6.1%減少だった。

Source: SankeiBiz

 

もはやテスラはベンチャーではない

これまでテスラは「生産地獄(=量産がうまくいっていない)」などと報じられてきましたが、テスラが言う「量産」の規模はかなりの水準の達しています。

 

米国の2018年9月末時点のブランド別の累積販売台数ランキングによれば、テスラはたった3車種しか無いのにメルセデスやフォルクスワーゲンと互角の戦いであり、通年の販売台数で超えてくることは間違いないでしょう。

ちなみにBMWやレクサス、Audiなどはすでにテスラに及びません。

 

車種別台数で見るとModel 3の堂々の5位。上にはトヨタのカローラ、カムリ、ホンダのシビック、アコードしかいません。

Source: Bloomberg

 

これまでテスラを目の敵にしてきた人たちは株価が下がっただのCEOがマリファナ吸ってるだので溜飲を下げてきたわけですが、もう事業の規模としてはたかがベンチャーなどと馬鹿にできるレベルではありません。

 

日本やヨーロッパの自動車メーカーにとって唯一の安心材料はテスラが赤字だということですが、車種別ランキングの上位4車種は$18,000〜$24,000程度であるのに対してModel 3は$49,000なので売上高はブッちぎりのトップ。

まさか2018年の第3四半期で黒字に転換することはないと思いますが、第4四半期で投資が落ち着いてくると十分にありえるシナリオでしょう。

 



-ビジネス, 電気自動車
-, , ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.