ビジネス 電気自動車

【2018年10月版】電気自動車・自動運転の業界相関図

投稿日:2018年10月6日 更新日:

自動車業界の合従連衡がカオスすぎる

ここ数日、自動車業界の提携関連ニュースが世間を賑わせています。

トヨタとソフトバンクが提携

ソフトバンクグループトヨタ自動車は4日、自動運転技術などモビリティー(移動手段)に関する新たなサービスで提携し、共同出資会社を設立すると発表した。自動運転車を使った配車サービスなどの分野で協力する。

Source: 日経新聞

ホンダとGMが提携

ホンダと米ゼネラル・モーターズ(GM)は3日、自動運転技術で提携すると発表した。ホンダは同日、自動運転分野のGM子会社に7億5千万ドル(約850億円)を出資した。

事業資金の提供も含め合計3000億円規模を投じて次世代技術を共同開発する。自動運転ではIT(情報技術)大手などを含めて業種を超えた開発競争が激しくなっている。規模を追求してきた自動車業界の再編はデータの収集や活用を軸とする新たな段階に入った。

Source: 日経新聞

 

いすゞとヤマハがEV技術会社に合流し9社連合体制へ

トヨタ、デンソー、マツダが出資する電気自動車(EV)技術の開発会社に、いすゞ自動車ヤマハ発動機が合流したことが4日明らかになった。2社とも技術者を数人派遣するが、出資はしない。合計で9社が参加するEV開発連合となる。各社の強みを持ち寄り、軽自動車から小型トラックまで効率良くEVを開発・生産する技術を確立する。

Source: 日経新聞

 



業界相関図をまとめてみた

電気自動車・自動運転の提携がかなり複雑になっていますので、相関図にまとめてみました。

あまりにもマニアックな案件やサプライヤー同士のもの、また日本企業に縁遠いものは除いています。

 

右上に浮かんでいる8社は、これから躍進が期待できそうなEVメーカーです。

 

 

味方の味方は敵、みたいなスゴい状態になってますね
めっちゃドロドロしとるやないかい!?

 

よく見るとハブが3個ありまして、1つ目はトヨタ、2つ目はトヨタが中心となって設立したEV C.A. Spirt、そして3つ目がソフトバンクです。

 

特にソフトバンクは大手ライドシェア企業をほぼすべて抑えているだけでなく、中国の新興EV企業も手広くカバーているのは驚異的ですね。

本当は半導体関連や通信関連の企業も入れるともっとスゴいことになるのですが、さすがに相関図が2次元でカバーしくれなくなるのでやめましたw

 



-ビジネス, 電気自動車
-, , , , , , ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.