クルマ ビジネス 電気自動車

スズキ、インドで電気自動車プロトタイプのテスト開始

投稿日:2018年9月7日 更新日:

スズキ、インドで電気自動車プロトタイプのテスト開始

スズキの鈴木修会長は7日、10月にもインドで電気自動車(EV)のプロトタイプのテストを開始する方針を示した。

会長はニューデリーのグローバル・モビリティー・サミットで「インド消費者向けの安全で使い勝手の良いEVを開発するために、来月からインドにおいてプロトタイプのEV50台を使って走行テストを開始する」と述べた。

Source: Reuters

スズキはトヨタを中心とするEV連合「EV C.A. Spirit株式会社」に名を連ねていますが、ついに市販に向けてプロトタイプのテストが動き出しましたね。

もともとスズキは2017年11月にトヨタとのあいだに取り交わされた「インド市場向けEV投入に関する覚書」の中で、2020年頃にインド市場向けに電気自動車を投入するための検討を進めることで合意しています。

また、東芝やデンソーなどともリチウムイオンバッテリーの生産を手がける合弁会社をインドに設立していて、実は虎視眈々と電動化に向けて舵を切っています。

ジムニーの大ヒットなどはあるものの、最近ちょっと将来に向けた話題に乏しかったスズキですが、モータリゼーション伸び盛りのインドでEV市場を掌握すれば大化けするかも。

 



-クルマ, ビジネス, 電気自動車
-, ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.