社会 電気自動車

インド、エコカー生産にクレジット制度を計画中

投稿日:

インド版ZEV規制が施行へ

インド政府は、電気自動車(EV)など環境負荷の小さい車両(エコカー)の生産を後押しするため、自動車メーカーを対象に「クレジット制度」を導入する計画だ。エコノミック・タイムズ(電子版)が2日に伝えた。

この制度は、走行距離1キロメートル当たりの二酸化炭素(CO2)排出量や燃費性能を基に、市場で取引可能なクーポンを発行する内容。メーカーが目標を達成すれば、クーポンが支給され、達成できなければ、クーポンの購入が必要となる。クーポンは、補助金などの優遇措置の適用を受けるために使うことも可能だ。

同制度は、政策立案機関のNITIアーヨグが提案したもので、現在は関係省庁が検討を進めているという。政府高官は、「この件で政府は近日中に政策を発表する方向だ」と付け加えた。

インドは地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」に参加しており、CO2排出量を2030年までに05年比で33~35%削減する目標を打ち出している。政府はエコカーの販売について、補助金の交付を柱とする購入支援制度を15年から導入している。

Souce: NNN

インドのEV政策はやや不安定なところはありますが、マヒンドラやタタなどインド地場メーカーは基本的にEVシフト路線です。

環境規制が厳しくなる中でレッドオーシャンの内燃機関に今さらリソースを突っ込んでも日系や欧州系には勝てませんので、EVシフトは既定路線とみて間違いないでしょう。

 

表向きは「いやぁ、国内の大気汚染対策なんスよ」なんて言ってるけど、彼らはそんな次元で動いていていません。

これはゲームチェンジを狙った国家戦略。

額面通りに受け取ってると火傷しますよ。

 



スズキ、またも鈴木修会長の「勘ピューター」か

インドに強い日系メーカーといえばスズキ。

インドでのスズキのEVビジネスといえば、つい最近こんなニュースも。

スズキの鈴木修会長は7日、10月にもインドで電気自動車(EV)のプロトタイプのテストを開始する方針を示した。

会長はニューデリーのグローバル・モビリティー・サミットで「インド消費者向けの安全で使い勝手の良いEVを開発するために、来月からインドにおいてプロトタイプのEV50台を使って走行テストを開始する」と述べた。

Source: Reuters

 

まるでインドの政策方針を事前に掴んでいたかのようなタイムリーな動きですね。お見事!

 

関連記事

関連記事の見出しを見てのとおりインドのEV政策は一見するとフワフワしてますが、ジワジワと政策が具体化していっていますので、もうファイナルアンサーは見えてますよ。

インド、電気自動車のみ販売へ 2030年までに

インド、EV化やめるってよ。

インド、やっぱりEV化やめないってよ。

インドのEV政策が迷走中

 

スズキ、インドで電気自動車プロトタイプのテスト開始

 



-社会, 電気自動車
-, ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.