テクノロジー 自動運転

BMW、無人で走るバイク公開

投稿日:2018年9月13日 更新日:

BMW、無人で走るバイク公開

BMW Motorradが、開発中の自動運転車ならぬ自動運転バイク"ConnectedRide"が走る模様を動画で公開しました。ベース車両はR 1200 GSで、すでに2年以上の開発期間をかけ、ライダーなしにコースの中央をトレースするように走ります。

動画で見られる自動運転バイクは、きちんとカーブを曲がり、停止、発進も卒なくこなします。ただし停止の映像では最初からスタンドが下りた状態で走って来ていたり、発進もまず人が手で支えた状態から、というところはお目こぼしください。

Source: engadget

二輪車の自立走行はホンダ、ヤマハに続く3社目ですね。

いずれも方向性が異なるのでまだまだ技術的に「コレだ!」というものが見つかっておらず、業界的に模索中と思われます。

 



ビジネスへの展開は

自立二輪を手がける各社は「自動運転じゃなくて運転支援です」なんて控えめなこと言ってますけど、大型バイクの多くはツーリングユースが主用途の趣味商品。

新車で買うと百万円オーバーはザラであるにも関わらず、「好天」かつ「休日」かつ「ヒマ」が重なるという、極めて稀なシチュエーションでしか稼働しない=コスパが悪い乗り物です。

 

立ち位置としてはキャンプグッズとかスキー用品とか、そのへんに近い感じ。完全にハレの日の遊び道具。

しかも都市部では置き場の確保も一苦労ですし、置き場を見つけたところで盗難に怯えながら生活することが強いられます。

 

だから「ツーリングの朝に玄関先でスマホでポチッとやると間もなく無人運転のオートバイが玄関先に来てくれて、用が済んだら勝手に走り去ってくれる」ぐらいになってくると、気軽にオートバイや二輪文化を楽しむ人が増えるんじゃないかと思います。

 

だから運転支援などと志の低いことは言わず、無人運転を志向していますと言って欲しい!

 

関連記事

【東京モーターショー2017】ヤマハの電動バイクがキモスゴい

 



-テクノロジー, 自動運転
-, ,

Copyright© 電気自動車と自動運転の最新ニュース:EV Journal , 2018 All Rights Reserved.