ビジネス 社会 電気自動車

EV普及の「妙案」を連発するテスラCEO

投稿日:2018年7月29日 更新日:

イーロン・マスク「ぼくがかんがえた、さいきょうのじゅうでんすてーしょん」

またまたテスラのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)が妙案を考えた。“レトロでノスタルジックなレストランと、充電ステーションのコンビネーション”だ。マスクCEOは今年1月の時点で「ローラースケートとロックのイメージの、古いタイプのドライブインをロサンゼルスのスーパーチャージャーステーションに併設したい」とツイートしていた。

Source: Diamond Online

 

レストランと充電ステーションの組み合わせなんてどう?(ドヤ顔)
いや、それ日本に腐るほどあるよ・・・

 

 

イーロン・マスクがこんなしょーもないアイデアを自慢するぐらいだけあって、古今東西に充電インフラでマトモに儲けられるビジネスモデルが存在していないということです。

 

車両のスペック競争もいいけど、充電器でマネタイズできる仕組みの構築はEV業界にとって急務!

いつまでも補助金に頼ってばかりもいられませんからね。

 



-ビジネス, 社会, 電気自動車
-, , ,

Copyright© 電気自動車と自動運転の最新ニュース:EV Journal , 2018 All Rights Reserved.