MaaS ビジネス 自動運転

GMのカーシェアリング部門でマイカー貸し出し、エアビー型サービス

投稿日:2018年7月24日 更新日:

GMのカーシェアリング部門でマイカー貸し出し、エアビー型サービス

米ゼネラル・モーターズ(GM)のカーシェアリング部門「メイブン」は、GM車の所有者を対象にマイカーを有料で貸し出すサービスを始める。GMは自動車生産だけでなく、自動車の利用をサービスとして提供することにも積極的に動いている。

このサービスはGM車のオーナーがメイブンのアプリを通じて自動車を登録するもので、民泊仲介の米エアビーアンドビーと同様の仕組みだ。このサービスがヒットすれば、メイブンは帳簿上で資産を抱え込むことなくレンタカー用の車両を増やせるだけでなく、GM車のオーナーにとっても小遣い稼ぎの手段となる。

Source: Bloomberg

いわゆるMaas(Mobility as a Service)のいち分野であるカーシェアリングが世界的に盛り上がってます。

都市部では利用頻度が低いわりに維持費が高くてクルマが売れないというのは、日本だけではなく各国に共通する傾向。

 

都市部でクルマが売れないのは自動車メーカーではどうしようもないところもあるので、そんな状況でコストダウンや小型化などモノ作りの領域でどんなに頑張っても無駄です。

 

それなら開き直ってシェアリングで儲けりゃいいじゃん、っていうのがメルセデスですね。これが正しい生きる道だと思いますよ。

 



-MaaS, ビジネス, 自動運転
-, , , , ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.