テクノロジー ビジネス 自動運転

ソフトバンクがLiDARレス自動運転の米ライト社に出資

投稿日:2018年7月20日 更新日:

ソフトバンクがLiDARレス自動運転の米ライト社に出資

撮像と信号処理を融合させたコンピュテーショナルイメージングのスタートアップ、米ライト(Light)は7月19日、ベンチャーキャピタルのソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)が主導する資金調達ラウンドで1億2100万ドル(約136億円)を調達したことを明らかにした。出資者には、高級カメラメーカーのライカカメラも含まれる。

Source: Forbs

LiDARの価格破壊が進む一方で、LiDARレスシステムの開発も進んでいます。

立体形状や暗視に弱いとされるカメラですが、ステレオカメラと高感度CMOSセンサが進化してくるとLiDARイラナイ、っていうのもありえますね。

 



関連記事

ソフトバンク、中国EVメーカーNIOの株式取得で協議

ソフトバンクドライブとバイドゥ、日本で自動運転バスの実証実験へ



-テクノロジー, ビジネス, 自動運転
-, ,

Copyright© 電気自動車と自動運転の最新ニュース:EV Journal , 2018 All Rights Reserved.