テクノロジー 社会 電気自動車

電気自動車の命運はコンゴが握るのか

投稿日:2018年7月20日 更新日:

電気自動車の命運はコンゴが握るのか

中国や欧州が電気自動車(EV)を普及させる政策を打ち出した。経済産業省も4月、EVや自動運転車など次世代自動車の普及に向けて、官民の対応を検討する自動車新時代戦略会議を立ち上げた。しかし、EVの生産拡大にボトルネックとなりそうな原料がある。希少金属(レアメタル)のコバルトだ。

Source: 日経新聞

リチウムに限らず石油やレアアースもなんですが、どーしてこう、重要な資源に限ってややこしい場所にあるんでしょう。

神のいたずらってやつですかね。

 

早くレアメタルフリーのバッテリーが実用化してほしいものです。

 



関連記事

EV普及を阻む「コバルト不足」は解決できるか

熾烈さを増す「リチウム資源」争奪戦

パナソニック、テスラ車向けにキューバ産コバルト使用 米制裁違反の疑い

資源あるところに問題あり。コバルトフリー電池早よ作って!

 



-テクノロジー, 社会, 電気自動車
-, , ,

Copyright© 電気自動車と自動運転の最新ニュース:EV Journal , 2018 All Rights Reserved.