テクノロジー ビジネス 自動運転

自動運転の特許 評価でグーグルがトヨタ逆転

投稿日:

自動運転の特許 評価でグーグルがトヨタ逆転

米グーグルが自動車の自動運転に関する特許競争力でトヨタ自動車などを逆転し、首位となったことが分かった。決め手になったのが自動運転車の「頭脳」を担う人工知能(AI)だ。自動車はデータを解析しながら走る製品へと変貌し、メーカー各社の競争の焦点も燃費向上や生産効率からデータの活用技術へと移る。大量の情報を競争力に変える「データエコノミー」の到来はハード重視で来た日本車各社を追い詰め始めた。

Source: 日経新聞

自動運転の実現に対して、持続的イノベーション的アプローチでレベル1,2・・・と高度運転支援の延長で考える日本勢と、破壊的イノベーション的アプローチでいきなりレベル3,4と無人運転の早期実用化を視野に入れる海外勢。

「自動運転」とひと言でいうと同じ分野のように聞こえるけど、高度運転支援と無人運転は志向が似て非なるものと考えたほうが良いです。

 

そして日本勢が苦しむ理由はもう一つ。

日本勢が特許競争力で伸び悩むのは「ハード中心主義」が背景にある。

厳密に言うと「ハード中心主義」ではなく「過去の成功体験」ですね。これまでの環境技術の延長として電動化トレンドを解釈してしまったあたりにも共通する問題。

日本企業は組織運営も人材もレガシーに引きずられすぎです。

 



関連図書





-テクノロジー, ビジネス, 自動運転
-, , ,

Copyright© 電気自動車と自動運転の最新ニュース:EV Journal , 2018 All Rights Reserved.