テクノロジー ビジネス 社会 電気自動車

超高層住宅のエレベータ、電気自動車の蓄電池で100回往復

投稿日:

超高層住宅のエレベータ、電気自動車の蓄電池で100回往復

三井住友建設(東京都中央区)は9月3日、災害時の停電を想定し、43階建ての超高層住宅のエレベーターを電気自動車(EV)電源で稼働する実証試験を行った結果を発表した。

(中略)

その結果、フル充電のEV電源でエレベーターを最上階(43階)まで100往復できることなど、同システムが災害時における大規模停電時に高層階からの避難や地上からの物資輸送に有効であることを確認し、事業化に目途をつけた。

Source: 環境ビジネスオンライン

43階建てマンションというと東京のベイエリアに林立している超高層タワーマンションクラスの大きさですので、郊外によくある10階建てぐらいのマンションぐらいだと100往復どころの話ではないでしょう。

マンションの管理組合でカーシェアを導入するケースも増えてきていますので、電気自動車ならマンションの非常用電源としても使えますね。

 



電気自動車が災害時に役立つことが認知されつつある

この実験は9月6日の北海道胆振東部地震よりも前に実施されたものですが、くしくも災害によってEVが非常時の電気供給源として有効であることが認知されつつあります。

 

停電になるとEVは使い物にならないのでは?と心配されますが、大規模停電の中でリーフが「走る巨大な蓄電池」として活躍している状況が伝わってきています。

 

 

過去の震災でも電力インフラの災害に対するタフネスの高さが際立っています。

このへんは消費者のイメージと異なる点ですので、自動車メーカー側ももっと声を大にしてEVの良さをアピールしたほうが良いでしょう。

関連記事

熊本地震から考える次世代自動車

水素ステーションは災害に弱い

 



-テクノロジー, ビジネス, 社会, 電気自動車
-

Copyright© 電気自動車と自動運転の最新ニュース:EV Journal , 2018 All Rights Reserved.