バイク ビジネス 電気自動車

ハーレー、シリコンバレーに研究開発センターを開設してEV生産を支援

投稿日:

ハーレー、シリコンバレーに研究開発センターを開設してEV生産を支援

Harley-Davidson、アメリカを象徴する内燃機関モーターサイクルメーカーが、2輪EVに本格参入する。

ミルウォーキー拠点のオートバイメーカーは、電気化をめざしシリコンバレーにやってくる。Harleyは、2018年末までにベイエリアにR&D部門を開設し、同社の電動車開発の決意を後押しする。

Source: TechCrunch

シリコンバレーの事業所では、「電動車の研究開発を行い、バッテリー、パワーエレクトロニクスとEマシンの設計、開発、高度な生産技術などに注力する」とのこと。

ヤマハがGogoroとくっついたり、ハーレーが電動化のための新しい研究開発拠点を設立したり、二輪業界も急激に電動化に向けて動いてますね!

 

関連記事

ハーレーの電動バイクは2019年7月までに市販か

ハーレー・ダビッドソン、電動バイクベンチャーと共同開発へ

ハーレーの電動バイク市販化決定!発売日や価格は?

 



-バイク, ビジネス, 電気自動車
-,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.