バイク ビジネス 電気自動車

ヤマハ発動機、台湾Gogoroから電動バイクとバッテリー交換システムを調達

投稿日:2018年9月12日 更新日:

ヤマハ発動機、台湾Gogoroから電動バイクとバッテリー交換システムを調達

ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、社長:日高祥博、以下「ヤマハ」)と、Gogoro Inc.(本社:台湾桃園市、CEO:Horace Luke(ホレイス ルーク)、以下「Gogoro」)は、このたび台湾市場におけるEVビジネスでの協業に向けた検討を開始しました。

このたびの協業は電動二輪車の開発・製造委託およびバッテリー交換システムの共用に関するもので、年内の正式契約を予定しています。

Gogoroの市販車をベースとしたヤマハブランドの電動スクーターのデザインをヤマハで行い、生産をGogoroに委託します。完成車両はヤマハの現地法人であるヤマハモーター台湾の販路を通じて台湾市場で販売します。第1弾モデルの投入は2019年夏頃を計画しています。

Source: 日経新聞

これは驚きました!

2018年3月にヤマハはホンダと協業して電動バイクの開発やバッテリーの規格化に取り組むことが報じられおり、台湾のGogoroの躍進を睨んだ動きだと思っていたのですが・・・。

これはホンダとしては面白くない展開でしょうね。

外野で見てる側としては第二次HY戦争勃発か!?なんて面白いことを想像してしまいますがw

 

関連記事

ヤマハとGogoro、EVで協業を検討 電動バイクとバッテリー交換システムを調達

Hondaとヤマハ発動機、電動バイク開発で業務提携を検討

ヤマハとホンダ、電動バイク開発で協業。狙いはインフラ整備?

ホンダ、電動スーパーカブ2018年にも発売へ

 



-バイク, ビジネス, 電気自動車
-, , ,

Copyright© 電気自動車と自動運転の最新ニュース:EV Journal , 2018 All Rights Reserved.