バイク 社会 電気自動車

電動バイクが日本で流行らない理由

投稿日:

電動バイクが日本で流行らない理由

1人、もしくは、2人乗りのエンジンバイクはよほどの高排気量でなければ自動車よりもはるかに燃費が良く、「電動化」のメリットとはなりにくい。逆に、記事が指摘するように航続距離が短いことで充電の手間が給油より増えてしまうことがネックになる。日本が不思議なのではなく、エンジンバイクの締め出しによって人為的に電動バイクを普及させた中国の状況の方が特殊なのだろう。

Source: @niftyニュース

仮にソース記事が指摘するように充電の手間がネックになっているのであれば、バッテリーステーション式の電動バイクを運用するGogoroは日本でもヒット確実!?

 

もっとも、日本は原付バイク市場が青色吐息なので、充電の手間を議論する以前の問題のような気がします。

日本ではただバッテリーステーションを設置するだけでは、原付バイクが少なすぎて採算は取れないでしょう。

他のビジネスとの組み合わせや、ヒネリの効いた付加価値を与える必要がありそうです。

 



関連記事

ヤマハとGogoro、EVで協業を検討 電動バイクとバッテリー交換システムを調達

台湾の電動スクーターシェアGogoroが日本上陸。今年中に石垣島から開始、来年には他都市でも

 



-バイク, 社会, 電気自動車
-,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.