ファイナンス マネー

スゴい肉を食って地域創生に貢献しよう

投稿日:2018年9月12日 更新日:

ふるさと納税終了のお知らせか?

野田聖子総務相は11日、ふるさと納税制度の抜本的な見直しを検討すると発表した。寄付金に対する自治体の返礼品の額の割合が3割超の場合や、返礼品が地場産品でない自治体への寄付は税優遇の対象からはずす方針だ。開始から10年が経過したふるさと納税は地域活性化に一定の効果が出ている一方、本来の趣旨にそぐわないケースも残っており是正を急ぐ。

Source: 日経新聞

野田聖子総務相がふるさと納税の返礼品について法規制の方針を示したことを受け、ふるさと納税は駆け込み需要が発生しているようですね。

 



ふるさと納税とは

ふるさと納税は地方自治体への寄付を通じて地域創生に参加できる制度で、「納税」という名のとおり本来自分の居住地の自治体に納める税金を任意の自治体に納付できる制度です。

したがって厳密に言うと節税にはなりません。納める先が変わるだけです。

 

しかしながら、実質自己負担2000円で各地の肉や海産物などの特産物が「返礼品」として貰えることから人気を集めています。

 

もちろん、震災や風水害の復興支援のための寄付金の納付にも使えますので、登録がまだの方は『さとふる』からどうぞ。

 

ふるさと納税は合法的かつ地方の役に立つ形で地方の特産品を格安でゲットできるため、2017年末は駆け込み納付で返礼品の品切れが相次いだようですが、今年末は制度見直しの報道をうけてますます駆け込み納付が激化しそうです。

ちょこちょこ返礼品の品切れも出始めているようなので、私もブロクを書き終わったらさっそくサシの入った和牛ステーキ・・・、じゃなかったw 地域創生のために寄付をしようと思います。




-ファイナンス, マネー
-

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.