バイク ビジネス 電気自動車

ヤマハとGogoro、EVで協業を検討 電動バイクとバッテリー交換システムを調達

投稿日:2018年9月12日 更新日:

ヤマハ発動機とGogoroがEVにおける協業の検討を開始

ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、社長:日高祥博、以下「ヤマハ」)と、Gogoro Inc.(本社:台湾桃園市、CEO:Horace Luke(ホレイス ルーク)、以下「Gogoro」)は、このたび台湾市場におけるEVビジネスでの協業に向けた検討を開始しました。

このたびの協業は電動二輪車の開発・製造委託およびバッテリー交換システムの共用に関するもので、年内の正式契約を予定しています。Gogoroの市販車をベースとしたヤマハブランドの電動スクーターのデザインをヤマハで行い、生産をGogoroに委託します。完成車両はヤマハの現地法人であるヤマハモーター台湾の販路を通じて台湾市場で販売します。第1弾モデルの投入は2019年夏頃を計画しています。

Source: ヤマハ発動機プレスリリース

ヤマハのプレスリリースには「年内の正式契約」そして「第1弾モデルの投入は2019年夏頃」とありますので、これから検討という感じではなく、すでにかなり話は進んでいるものとみられます。

内容は「台湾市場におけるEVビジネスでの協業」とあるとおり、協業分野は電動2輪車の開発・製造委託、バッテリー交換システムの共用となるようです。

具体的には、Gogoroの市販車をベースとしたヤマハブランドの電動スクーターをヤマハでデザインし、生産をGogoroに委託するというもの。

またヤマハはGogoroとの協業により台湾市場におけるラインナップ拡充を進め、Gogoroのもつ「バッテリー交換システム」の共用により、ユーザーの利便性向上を図るとしています。

 

ヤマハは台湾で電動スクーターを製造・販売していますが、販売台数は600台程度にとどまっています。

一方で、Gogoroは6秒バッテリーが交換できるバッテリーステーションを展開していることが市場で高く評価され、2017年は3万4000台もの販売を記録しました。

このためヤマハはGogoroとの協業を通じて、同社のバッテリーステーション網を活用した電動バイクビジネスを模索するようです。

 



Gogoroとは?

Gogoroは2011年に設立された電動バイクの開発と販売及び電池交換施設を主業務とする台湾のベンチャー企業です。

2015年1月にラスベガスで行われた家電ショー(CES2015)において、同社初の電動バイクであるGogoro SmartscooterとGogoro Energy Networkと称するバッテリー交換ネットワークを発表し、一躍有名となりました。

CEOのホレイス・ルーク氏はIT畑の出身ということもあり、同社は「二輪版テスラ」と形容されることもありますが、ビジネスモデルはテスラとは異なっています。

「ゴゴロはテスラと比べられることが多いがビジネスは正反対だ。テスラは車を売るためにインフラや急速充電器を準備した。我々は反対に充電などのネットワークを売るため二輪車を作ってきた

Source: 日経新聞

ルークCEOのコメントを裏付けるように、ヤマハとの協業内容には充電ネットワークの共用が含まれています。

台湾にはGo Stationといわれる無人のバッテリーステーションがガソリンスタンド、コンビニエンスストア、スーパー、地下鉄の駅などを中心に754件も設置されています(2018年9月11日現在)。2018年内に1000件を目指しているようです。

Go Stationは使用済みのバッテリーをスロットに差し込むことで、充電済みの電池を受け取ることができる仕組み。

バッテリーの交換に必要な時間は約6秒であり、ガソリンスタンドよりも早いです。とても便利そうですね。

「交換式バッテリーは単純に見えるが、充電のタイミングや回数、ステーションの位置を人工知能(AI)などで最適化している。顧客が増えるほどシステムの価値は高まるし、集まる情報も増える。ゴゴロとしての成長エンジンはこのネットワークだ」

Source: 日経新聞

 

Gogoroが手がけるスクーターはバッテリー交換式の電動バイク。心臓部であるバッテリーには、パナソニック製の18650タイプのリチウムイオン電池が採用されています。

車両の動力性能は日本の原付二種程度とされますが、最高速度は95km、40km/h の定速で走行した場合には航続距離100km。ヤマハのE-Vinoなどをはるかに凌駕するスペックを誇ります。

スマホとの連携やバッテリーステーションを探すアプリが提供されるなど、先進機能も充実しています。

 

ヤマハとホンダの協業の行方は?

2016年より、ヤマハはホンダとの間でも電動二輪車領域で協業に向けた協議をおこなっています。

田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、Honda)と、ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、社長:柳弘之、以下、ヤマハ)はこのたび、日本国内の50cc原付スクーターや、電動二輪車を含めた原付一種領域での協業に向けた業務提携について検討を開始しました。

Source: ヤマハ発動機プレスリリース

ヤマハとGogoroの提携は「台湾市場」、一方でヤマハとホンダの提携は原付一種とありますので「日本市場」に向けた協業、すなわち両者は全く別の市場であり関係ない、とも読み取ることもできますが・・・。

しかしヤマハとホンダの提携は、ヤマハ側から持ちかけたものであるとも報じられており、Gogoroとの提携の件はホンダとしては面白くないニュースかもしれません。

 

関連記事

Hondaとヤマハ発動機、電動バイク開発で業務提携を検討

ヤマハとホンダ、電動バイク開発で協業。狙いはインフラ整備?

ヤマハ発動機、台湾Gogoroから電動バイクとバッテリー交換システムを調達



-バイク, ビジネス, 電気自動車
-, , ,

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.