クルマ ビジネス 電気自動車

中国EVメーカー、NIOが米IPO計画を申請

投稿日:2018年8月18日 更新日:

中国EVメーカー、NIOが米IPO計画を申請

中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)が出資する中国の電気自動車(EV)メーカー、蔚来汽車(NIO)が米国で18億ドル(約2000億円)規模の新規株式公開(IPO)計画を申請した。中国の自動車メーカーとして初の米国上場を目指す。同社は米テスラのような同業企業との競争に備えている。

Source: Bloomberg

お盆休みにでかいニュースキター!

ただでさえNIOのバックには百度(バイドゥ)とテンセントが付いていて資金的に恵まれているのに、IPOで約2000億円も調達だなんて日本のEVベンチャー界隈とは別次元ですね。

ちなみに2018年上半期、中国ではTeslaが月販800~1000台程度であるのに対して、NIOのEVは月販1300台以上とのことで、高級EV市場においては同社はテスラを凌ぐ規模に成長しています。

2018年5月にはNIOがNYでIPOする際にはソフトバンクが株式を取得する方向で協議していることも伝えられており、ポスト・テスラの最有力候補とみられています。

中国メーカーの自動車は認可取得等の障壁はあるものの、日本を含む先進国にNIOのEVが上陸すると一気に市場を席巻するポテンシャルを秘めているかも!?

関連記事

ソフトバンク、中国EVメーカーNIOの株式取得で協議

テスラを脅かす中国のEVメーカーNIOがNY市場にIPO!

 

ちなみに、カー雑誌のほとんどが中国のEVベンチャーの話題をスルーしている中で、Pen(ペン) 2018年 9/1号[いま最も知りたい国 中国最新案内。]ではNIOやBYTON、LINK&COなどが紹介されています。

PenはKindle Unlimited会員なら無料で読めますよ!

 



-クルマ, ビジネス, 電気自動車
-, , , ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.