サウナ

【クチコミ】サウナの聖地、名古屋ウェルビー栄店でととのった!

投稿日:

こんばんは、ごぼう氏です。

このブログは基本ビジネスネタなんですが、私の数少ない趣味であるサウナネタもちょいちょいブッ込んでいこうと思いますので、よろしくお付き合いください。

サウナのイメージ

「サウナっておっさんくさい」なんて思っていませんか?

およそ1500年前にフィンランドで発祥したサウナは昨今の北欧ブームと結びついて、いまや若い人たちにも人気のリラクゼーションスポットに生まれ変わりつつあるんです!

ということで、本日は全国のサウナー(サウナ愛好家)が憧れる伝説のサウナ・ウェルビー栄をご紹介します。

 



ウェルビー栄ってどんな店?

ウェルビーは名古屋や福岡に店舗を構えるサウナ&カプセルです。

今回訪れたウェルビー栄は名古屋最大の繁華街・栄の中心に位置するお店。アクセスは地下鉄栄駅から徒歩5分ぐらいです。

 

栄店のほかに名古屋駅から徒歩5分の名駅店、今池駅から徒歩5分の今池店(名古屋)そして博多駅から徒歩10分の福岡店があります。

どの店舗も駅からのアクセスが良く出張や急な宿泊に嬉しい立地ですね。

料金コースはこんな感じです。

今回はプレミアムルーム宿泊で1泊2日の旅を堪能してきました。

私は楽天トラベルから予約しました。インターネット特別価格ということで、通常6680円のところ5680円で宿泊。

サウナだけの利用も可能ですが、宿泊する場合は入り口が違うのでご注意。といっても迷うほどの話ではありませんが。

 

ウェルビー栄のここが嬉しい!

ではさっそく、ウェルビー栄の良いところをご紹介します!

ロウリュで吹き出す汗

ウェルビー栄店のサウナはフィンランドサウナ(高温)、冷凍サウナ(低温)、森のサウナ(高温)、アイスサウナ(超低温)の4つ。

最初に入ったのはメインのフィンランドサウナです。

私が入浴した時はちょうど100℃ぐらいでした。(室内にスマホは持ち込めないので、画像は楽天トラベルから転載です)

広々!

実際には室内はもっと薄暗くてイイ雰囲気です。

広いのも好感ですが、なんとテレビの前には大人3人程度が寝転んでくつろげるスペースがあります。

また、写真の手前側はテレビから離れているので少し静かなんですが、天井からは水が流れる音のBGMが。しかもサウナストーブからも少し離れているので、まったり岩盤浴のような気分でサウナを堪能できます。

 

このフィンランドサウナは1時間に1回、ストレッチとロウリュのサービスがあります。

いろんなサウナに入りましたが、ウェルビー栄店のロウリュは筋金入り!一気に汗がドバーッと出て最高でした。もちろん「熱波のおかわり」もできますよ!

また、ロウリュにはアロマウォーターが使われていて、室内はとても良い香りに包まれます。私が入浴したときは柑橘系のアロマウォーターでした。

 

名古屋の繁華街に忽然と現れたフィンランド

次に入ったのは森のサウナ。

ここはラップランドか!?

こちらも写真より室内は暗くてイイ感じです。

室内の温度は80℃ぐらいで少し低めなのですが、セルフロウリュが体験できます。ヴィヒタが漬けられた水をサウナストーブにかけると、ジュワアァ〜〜〜といい音がして次第に暑くなってきます。

少し狭いですが、写真の手前側には1人が寝転がれるぐらいのスペースと枕もあり、私が入った時はたまたま誰も入っていなかったので、ゆっくり寝転がって堪能しました。

薄暗くて静かなサウナ室に一人寝転んでいると、時間を忘れてしまいます。

 

また、私はサウナに入る際は頭と顔にタオルを巻いた「ロールパンナちゃんスタイル」で入るのですが、森のサウナではサウナハットの貸出しもあります。

ロールパンナちゃん

これまでいろいろなサウナに入ってきましたが、サウナハットが備え付けられているのは初めて見ましたね!素晴らしいです。

室内には乾燥ヴィヒタも吊るしてあって、バシバシっとセルフトリートメントもできます(体に葉っぱのカケラが付きますが)。

 

水風呂の体感温度は15℃

サウナの合間に入る水風呂が絶妙な温度!

温度計が無かったので水温は確認できませんでしたが、体感は15℃ぐらいかな?手足が少しムズムズ・ビリビリするぐらいで気持ちよかったです。

 

休憩スペースは「湖のほとり」

森のサウナの横には「湖のほとり」という休憩スペースにデッキチェアが4つあり、体を休めることができます。

サウナの後に水風呂で締めたあとに腰掛けると、手足がじんわり痺れて頭がボーッとしてきて軽いトランス状態に。まさにととのったー!ってやつです。

 

細かいところに気が利いてる!

ウェルビー栄はサウナも最高でしたが、細かいところに気が利いてました。

まずは浴室内のいたるところに乾いたタオルが置いてあり、体を拭いたりおしりの下に敷いたり、ガンガン使えます。

私は濡れたタオルで体を拭くのがあまり好きではないので、これは体がさっぱりして良かったです。

 

また浴室内の洗い場の近くには無料の使い捨て歯ブラシが置いてあります。

これって、ありそうで無いサービスじゃないですか?

私がこれまで行った店は歯ブラシは外の洗面所に置いてあることが多く、なんだか着替えてパンツ一丁で歯をゴシゴシって他の人の邪魔だしイマイチだな〜と思ってましたけど、浴室で完結するのは好感です。

 

館内はサラサラ

入浴施設って往々にして館内全体がムシっとしていることがありますが、私がウェルビー栄に訪れた日は残暑厳しい日だったにも関わらず、空調の温度は暑くもなく寒くもなく快適でした。

 

また、館内が裸足なのも良かったです!

よくビニールのスリッパを履かせる店もありますが、アノ通気性の無い素材は汗かくので好きじゃないんですよね。あと脱衣所で取り違えて知らないおっさんのスリッパを履くハメになるのも残念な気持ちになります。その点、ウェルビーは館内を裸足で歩き回れるので、開放感があります。

館内着もサラッとした着心地で火照った体でもサラサラ快適でした。

 

マニアックな物販コーナー

フロントの横にはちょっとした物販コーナーもあります。

サウナ関連の書籍はもちろん、CDやオリジナルTシャツも。驚いたことにサウナハットも売ってました。楽天やAmazonでも見たことないデザインでした。

 

館内が清潔!

ウェルビー栄は男性専用なので、館内はおっさんだらけです。

男性はなんとなく心当たりあると思いますが、おっさんだらけだと小便器の周りが汚れがちなんですが、ウェルビー栄はトイレがキレイでした。

トイレは何度か利用しましたが、飛沫が散ったような痕跡はあるものの、それとともに拭き取った痕跡もあり、マメに掃除しているのかな?という印象。

 

また、館内は完全分煙です。

換気も行き届いているようで、喫煙室の周辺がクサイとかもありませんでした。

 

宿泊はプレミアムルームがおすすめ

宿泊はカプセルもありますが、私が宿泊したプレミアムルームも新しくて掃除も行き届いていてキレイでした。

隣の部屋との間には壁はありますが、入り口はアコーディオンカーテンで上は吹き抜けなので、半個室といった趣。

ただ、BOSEのノイズキャンセリングイヤホンが設置されており、近隣からテレビの音が聞こえてくるなどもありませんでした。

もちろん使い捨ての耳栓もあります。

 

館内は静かです

繁華街に位置しているだけにインバウンドの旅行客や酔っぱらいを警戒していたのですが、ほぼ全員が単独で来ているおっさんで館内は静かでした。基本的にシラフの男性はめったに知らない人と話しませんしね。

時折おっさん特有の咳払いや唸り声みたいなのは聞こえますが、不快なほどではありませんでした。

 

ウェルビー栄のここが惜しい!

良いことばかり書きましたが、これからウェルビー栄に行く方のために惜しいところも挙げておきます。

 

アイスサウナの営業時間が短い

ウェルビー栄の名物のひとつであるアイスサウナ。

室温-25℃の凍てつくサウナ室に氷点ギリギリの水風呂という、フィンランドを通り越して北極仕様の設定となっています。

アイスサウナは10:00〜22:30と利用時間が限られています。

私は22時チェックインで翌日11時チェックアウトだったので、10:15頃まで浴室でアイスサウナのオープンを待っていたのですが、結局、時間どおりには開きませんでした。

今回はこの狂気のアイスサウナに挑戦することを楽しみにしていましたが叶わず。

アイスサウナを利用したい方は時間に余裕を持って行きましょう。

 

外気浴ができない

サウナの後の外気浴は心地よいものですが、ウェルビー栄は繁華街のド真ん中にあるので外気浴はできません。

このへんは立地とのトレード・オフですね。

バルミューダみたいな自然風を再現できる扇風機があれば・・・、なんて贅沢言い過ぎですね。

 

女人禁制

サウナ→北欧→オシャレな女子!という連想が働きますが、残念ながらウェルビー栄店は女人禁制です。

もともとカプセルホテルが終電を逃した働く男の避難所みたいところから始まっているので、仕方ないといえば仕方ない。とはいえ、夫婦やカップルで楽しみたい方はちょっと残念ですね。

 

まとめ

ということで今日は普段とは趣を変えて、全国のサウナーが憧れる聖地・ウェルビー栄をご紹介しました。

出張などで名古屋を訪れる際は、ぜひウェルビーをご利用されてはいかがでしょうか。

 

サウナの魅力にもっと触れたい方は「マンガ サ道」がオススメです。昨今のサウナブームはこの本から始まっと言っても過言ではありません!

この本を読むとサウナに入りたくなること間違いなし!

 


-サウナ
-

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.