ニュース

今日の電気自動車ニュースまとめ(2018年9月4日)

投稿日:2018年9月4日 更新日:

こんばんは、ごぼう氏です。

日本の西のほうにある某一部上場企業(自動車メーカーじゃないよ)にお勤めの知人の情報によると、今日は台風が直撃することがわかっていたのに平常通り出勤だったとか。

 

んで、会社に出社するやいなや「業務に支障が無い方は、リスクに配慮して早めのご帰宅をお願いしまーす」との通達があったそうです。

勘違いしないでいただきたいのは、「リスクに配慮しろ」ってのはあなたの身の安全の話ではなくて、「会社のリスクに配慮しろ」っていう意味ですよ!!

あなたが通勤途中に車ごと吹き飛ばされても大きな会社にとっては大した話ではないので、この手の通達は「リスクに配慮しろって会社は警告してましたよぉ」と責任逃れをするためのアリバイ工作にすぎません。

 

申し訳ないですが、組織にとって労働者は交換可能な歯車のひとつでしかありません。

TOKIOだって山口達也が抜けて4人になっても鉄腕DASHは成り立ってますよね?「行列のできる法律相談所」だって島田紳助抜きでどうにかなってますよね!?組織にとってあなたの代わりはたくさんいます。組織というのはそういうものです。

でもご家族にとってあなたの代わりはいません。

 

台風は過ぎ去りつつありますが、ご安全にお過ごしください。

化石燃料株、世界がNO 温暖化抑制へ売り圧力

世界的に異常気象が相次ぐなか、気候変動リスクの抑制に向けて投資マネーが動き出した。化石燃料などに関連する企業の株式や債券を売却すると決めた投資家は世界で900超、資産規模では約700兆円にのぼる。融資を停止する動きも広がっている。気候変動を助長するような事業を手掛ける企業は、規制などの関係で業績が悪化していく可能性がある。そうした企業を避けると同時に、市場の圧力で事業転換を促していく狙いもある。

Source: 日経新聞

マーケットというものは「善悪」ではなく「損得」で動くものです。

誰だって戦争や災害は嫌なものですが、いざ戦争や災害が起きると関連産業にマネーが集中するのはこうした理由によるものです。

 

したがって、石油燃料株からマネーが逃げているのは地球環境が云々と倫理的な理由をつけたくなりますが、投資家にとっては単純に石油産業が儲からないと判断しているだけの話だと思います。(空売りを仕掛けている可能性もありますが、いずれにせよ「損得」でしか動いていません。)

電気自動車についても同じ話です。石炭火力由来のEVはハイブリッドよりもCO2が多いと言われていながら中国や欧州でEV化を進めるのは、単純にそれで儲かる人がいるから。

そこをCO2や排ガスの解決策という青臭い文脈で解釈してしまうと燃料電池車やクリーンエンジンという答えが出てきてしまいますが、投資案件として考えると全く違う答えが出てくるはずです。

 

だから当ブログではモノづくりに従事する人にこそマネーリテラシーを身につけてもらいたいので、投資をオススメしているというわけです。

関連記事

えっ?サラリーマンなのにロボアド使ってないの?

サラリーマンがマイホーム買ったら「詰み」です!

もの作りに従事する人にこそ読んで欲しい「21世紀の資本」

 



ポルシェ、ワイヤレス充電システム導入へ

ポルシェは8月28日、2019年から生産を開始する予定のポルシェ初の量産EVスポーツカー『タイカン』(Porsche Taycan)に、誘導充電を導入すると発表した。

Source: Response

EVに乗ってて実際に充電するシチュエーションって、自宅や買い物のついでというのがほとんどじゃないですか?

よく「EVは充電に時間がかかる(だから使えない)」とか言いますけど、実際は充電器の前でボーッと待ってるなんてことは無くて、ほとんどが「ながら充電」なのでむしろガソリンスタンドに行くより手間がかからないというのが実態だと思います。

 

せいぜいプラグの抜き差しが面倒くさいってのはありますけど、非接触給電が普及するとプラグの抜き差しすらも必要無くなりますし、もう究極の時短って感じです。

ガソリンスタンドが少ない地方の中山間部なんて間違いなくEVのほうが便利。

ミスリードしてしまったメディアは罪深いよなぁ。

 

ピニンファリーナのEVハイパーカー『PF0』、プロトタイプの画像公開

イタリアのピニンファリーナ(Pininfarina)の市販自動車ブランド、アウトモビリ・ピニンファリーナは8月28日、EVハイパーカー『PF0』のプロトタイプの画像を初公開した。

Source: Response

近ごろのEVベンチャー界隈はテスラの成功にあやかって

  • 0-100km/h加速が何秒かを競う→コモディティ化してユーザーが飽きてる
  • ブランド価値も無いのに、高コストな設計を「高級スーパーカー」と開き直る→富裕層バカにしすぎ

とする「ナンチャッテカロッツェリア」が横行してますが、ピニンファリーナはガチのスーパーカーブランドなので期待できますね!



-ニュース
-, , , ,

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.