ニュース

今日の電気自動車ニュースまとめ(2018年8月31日)

投稿日:2018年8月31日 更新日:

こんばんは、ごぼう氏です。

他人の人生にいちいち介入して騒ぎ立てることを生業とする「週刊文春」とかいう雑誌が、イーロン・マスクについて批判してた。

電気自動車参入へ開発加速=英ダイソン、21年販売目指す

家電メーカーのダイソンは電気自動車(EV)事業への参入に向け、総額約2億ポンド(約290億円)を投じて研究開発を加速させる方針を明らかにした。2021年の商業販売を目指す。英メディアが30日報じた。

ダイソンは独創的な掃除機や扇風機、ドライヤーなどで知られる。英南部工場の人員を現在の約400人から2000人規模に増やすとともに、試験走行を行うテストコースなども整備するという。

Source: JIJI.com

さてさて、どんな車になるんでしょうね?

すでにバッテリーについては全個体電池の採用を検討していることが報じられており、他の新規参入勢とはひと味もふた味も違うクルマになりそうです。

 

同社は英国空軍基地の跡地にEV工場を構えて2,000人以上が働ける環境を整えようとしています。

テストコースは工場の周囲に設けられ、坂道やオフロード、スキッドなどさまざまな環境を再現し、160km/h以上で走行できる高速コースも設けられる予定。全長は16km以上にも及ぶとされています。

 

16kmの規模感についてですが、例えば日本自動車研究所(JARI)の高速周回路が全周5.5kmで関連施設を含むと15km程度になりますので、ダイソンはかなりガチでテスト環境を整えようとしていることがわかります。

 

関連記事

ダイソンのEV、初モデルはリチウムイオン電池か

 



Waymoの自動運転の走行距離がスゴすぎる

現在、私たちの実験車両はアメリカの典型的なドライバーが一年に走る距離を毎日走行します。この走行距離はより多くの経験と学習機会であることを意味しており、私たちの技術を継続的に改善するのに役立ちます。

自動運転の頭脳である人工知能が機械学習を進めるうえで必要なのがビッグデータ。

日本ではZMPがロボットタクシーの商用運行の実験を行なっていますが、アメリカではGoogle傘下のWaymoが着々と走行テストを進めていて、もはや累計で900万マイル(≒1450万km)もの実績を重ねています。

目標距離がどのへんにあるのかわかりませんが、グラフを見ると毎月100万マイル(≒145万km)ずつ距離が伸びており、ビッグデータの収集が順調に進んでいるものとみられます。

人間が運転するよりもはるかに安全であるということが実証されれば実用化は問題無いでしょう。

関連記事

NVIDIA、仮想空間上で自動運転試験

自動運転トラックの現実解、「レベル3飛ばしてレベル4に」



-ニュース
-, , , ,

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.