ニュース

今日の電気自動車ニュースまとめ(2018年8月30日)

投稿日:2018年8月30日 更新日:

こんばんは、ごぼう氏です。

当ブログのアクセスを日々解析していると大きなニュースが出る直前に関連情報のアクセスが時々伸びる傾向があるのですが、このところ燃料電池車関連の記事が人気です。

業界的になんかビッグニュースが控えてるのかな?

関連記事

水素自動車が普及しない9つの理由

【朗報】日産が燃料電池車に見切り

もうやめよう!水素社会というバベルの塔

 

テスラ、非公開化断念でよみがえる資金繰り懸念

米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が打ち出した株式非公開化計画は露と消えたが、同社が資金繰りをつけなければならない事実は変わっていない。非公開化の断念は、これから必要になる現金を確保するという面では、何のプラスにもならないのだ。

Source: Blogos

テスラの今置かれている状況を一言で言うと「苦境」だと思います。

でも仮に倒産に追い込まれるようなことがあったとして、このままNUUMIから引き継いだ資産や生産設備、人員を捨てて会社が消滅すると思います??

ありえないでしょ。どこかの局面で絶対に買収されますよ。それが大手自動車メーカーなのか中華資本なのか、はたまたギガファクトリーのパートナー企業なのかはわからないけど。

NUUMIとは

1984年に設立されたトヨタ自動車とゼネラルモーターズ (GM) が合弁で設立した自動車の製造会社。工場はカリフォルニア州フリーモント。GMの経営破綻にともない2009年に一時閉鎖されたが、2010年からはトヨタ自動車とテスラ・モーターズによる電気自動車の共同生産に用いられたのち、2017年にはトヨタ自動車がテスラ株を全て売却し提携を解消したことによってテスラの専用工場となった。

 



BYD董事長「電気自動車業界でもテンセントのような企業が生まれる」

自動車メーカー比亜迪(BYD)の王伝福董事長は19日、企業家との対談で「自動車の電動化の流れは止まらない。今後の電気自動車がスマート化に向かう中で、新たな創業機会が生まれ、騰訊(テンセント)のような企業が登場するだろう」と語った。

Source: 36KrJapan

EVの生産を手がけるBYDの董事長(=代表取締役相当)が言ってることなのでポジショントークはあろうかと思いますが、中国のニューエコノミー界隈は超元気があるので電気自動車でもユニコーン企業が出てきてもおかしくない。

ここ最近でもNIO、BYTON、SF MOTORS、Faraday Future、Lucid、小鵬(シャオペン)、威力(ウェイマー)・・・。日本で研究開発拠点を作り、安く買い叩かれている自動車メーカーのエンジニアを引き抜こうものなら、資金力があるだけにかなりのレベルの製品が安く開発できそうですよ。

 

Faraday FutureのEVがラインオフ!

米国のファラデー・フューチャー(Faraday Future)社は8月28日、同社初のEV『FF 91』の最初の1台がラインオフした、と発表した。

Source: Response

Responseではラインオフという表現になってますが、同社の公式TwitterにはPre-Productionと書かれているので、日本の自動車メーカーで言うところの「号試」とか「段確」に相当するイベントであるものと思われます。

量産試作車での生産工程の確認がという位置づけ、といったところでしょう。

デリバリーは2019年上期とアナウンスされていますので今回の生産はあくまで工程検証にとどまるものとみられますが、いよいよテスラキラーの登場も目前に近づいてきましたよ!

関連記事

ファラデー・フューチャーのEVがラインオフ!

 

伊藤忠商事、新エネルギー車製造の奇点汽車に出資へ=関係筋

伊藤忠商事(8801.T)は中国の新エネルギー車(NEV)のスタートアップ企業、奇点汽車に最大10億元(905万ドル)を出資する見通しだ。事情に詳しい関係筋2人が29日、明らかにした。日本の自動車メーカーやサプライヤーとの連携強化につながる可能性がある。

Source: Reuters

意識してたわけじゃないけど、中国のEVがらみのニューストピックばっかりになっちゃったw

これが勢いの差だよねぇ・・・。



-ニュース
-, , , , , , , ,

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.