ニュース

今日の電気自動車ニュースまとめ(2018年8月10日)

投稿日:

こんばんは、ごぼう氏です。

明日から自動車各社は夏休みですね。

今年は高速道路の土日割が夏休みだけ適用されないというNEXCO各社の嫌がらせがありますが、どうぞ安全運転でお願いします!

米当局がマスク氏調査、ツイッターでの非公開化検討表明で

米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が株式非公開化を検討しているとツイッターで明らかにしたことについて、証券取引委員会(SEC)は発表の手法や内容の真実性について調査している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が関係者の話として8日報じた。

Source: Blogos

株価が動くような情報をTwitterの個人アカウントで流しちゃダメでしょ。

これで株式の非公開化が実現しなかったら、「風説の流布」として処罰の対象になります。

なんか最近のイーロン・マスクはイケてないなぁ。

参考記事

テスラ、株式非公開化を検討 マスクCEO「資金は確保」

 

電気自動車は大商機、動くサプライヤー各社

主要自動車メーカーは、今後数年のあいだにEVのニューモデルを何百種類も展開する計画だ。コンサルタント会社アリックスパートナーズの試算によれば、2023年までに最大2550億ドル(約28兆円)の投資が流れ込む。

2017年の世界中すべての自動車メーカー及びサプライヤーによる研究開発投資が計1150億ドルで、設備投資が計2340億ドルだったことを考えれば、その規模の大きさが分かる。

(中略)

「EVに関して求められる開発サイクルは、従来の自動車産業で我々が経験してきたよりも、かなり短期・迅速なものになっている」とヤーカダス氏は話した。

Source: Reuters

現代のエンジン車は性能の伸びしろが少ない一方で、排ガス規制や燃費の縛りが年々厳しくなっています。

このため投資の費用対効果が悪く、昨日のマツダ・スズキ・ヤマハの完成者検査工程の不祥事じゃないですが、やってもやらなくてもユーザーには関係のないようなところに多くのリソースが割かれます。

 

その反面、EVはまだまだエンジンに及ばないところが多く、技術開発で困難を乗り越えるとユーザーの利益にダイレクトに繋がる部分が残っています。

これって造り手としてはすごく幸せな状況です。

エンジンに限らず成熟している技術は、頑張っても「たったこれだけ?」「それって誰得?」みたいなことになりがちですからね。

 

ロス・ブラウン、F1のEV化に言及

F1のモータースポーツディレクターを務めるロス・ブラウンは、それがF1にとって最も適してると考えられるならば、10年以内にもF1マシンを完全に電気自動車化する可能性もあると考えている。

Source: F1-Gate.com

最近F1のEV化についてはしばしば耳にしますが、Formula Eがすでに存在している以上、F1は今のまま内燃機関でレースを続けたほうが良いでしょう。

確かにロス・ブラウン氏が言うとおりFormula EはスピードやドライバーのテクニックなどはF1には及ばないですが、SNSを駆使した情報展開や市街地レースによる「ニワカ勢」の若者の取り込みに成功しており、独自のポジションを築いています。

 

大手メーカーがこぞってFEにワークス参戦するという動きが時代の流れを物語っていますが、F1がFormula E化してしまうと「ガチ勢」のおっさん達が行き場を失いモータースポーツが弱体化してしまうので、このまま石油が尽き果てるまで走り続けてください。

 

では最後に。

-ニュース
-, , ,

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.