ニュース

今日の電気自動車ニュースまとめ(2018年7月23日)

投稿日:2018年7月23日 更新日:

こんばんは、ごぼう氏です。

いやぁ、今日も暑かったですね。

近ごろ暑い街といえば館林や名古屋、多治見などが代名詞となりつつありましたが、今日は熊谷で41.1℃という国内観測史上最高気温を記録し、絶対王者の強さを見せつけられた一日でした。

ということで今日も電気自動車ニュース行ってみましょう!

EVgo、EVの使用済みバッテリーをリサイクル活用したEV充電ステーションを設置

電気自動車(EV)が普及するのに伴い、EV充電ステーションもかなりのスピードで増えつつあるが、米国にこのほど登場したのはEVの使用済みバッテリーをリサイクル活用したもの。

太陽光発電が最も多い時間帯に電気を蓄電しておいて、消費者に再生可能エネルギーの電気を供給するというエコ型のステーションだ。

Source: Techable

今日取りあげたEVgoはBMWがパートナーですが、日本では日産がパートナーとなっているフォーアールエナジーがパイオニア。

BMWよりも日産のほうがEVの販売台数が多いので、使用済みバッテリーが市場に出るようになると伸びそうな分野です。

 

大和証券:MaaS関連企業に投資できるファンド

自動運転やEVの普及により、確実に伸びることが期待されているMaaS(Mobility as a Service)市場。

大和証券はモビリティ関連のテーマ型商品が充実しているので、気になる方は投資してみては!?

 

Uber、タクシー配車を淡路島で開始

ライドシェア大手のUber(ウーバー)は2018年7月21日、兵庫県の淡路島でタクシー配車サービスの実証実験をスタートした。

Source: Business Insider Japan

タクシー業界がUBERを目の敵にしたせいで、日本は世界的なライドシェアビジネスの潮流に完全に取り残されています。

 

高齢化が深刻なタクシー業界がいつまでも既得権益にしがみついて変化を拒んでると、産業自体が消滅しそうな気がしますけどね。

出典:毎日新聞

 

「日産リーフ」が2018年暦年上半期 欧州での電気自動車の販売台数トップに

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は18日、欧州における新型「日産リーフ」の販売台数が2018年暦年上半期(1-6月)の累計で18,000台を超え、電気自動車の販売台数第一位を獲得したと発表しました。 新型「日産リーフ」は、2017年10月に欧州で発売して以降、2018年6月末までに累計37,000台が販売されています。

Source: 日産自動車

リーフが強すぎるのもあるが、他も弱すぎる。

でもこれはヨーロッパに限った話。

世界販売台数となると2017年はBAIC(北汽集団)がブッチギリのTOPです。中国市場おそるべし。

出典:兵庫三菱自動車販売グループ

 

Waymoは、自動運転車を毎日2万5000マイル走らせている

Googleの自動運転プロジェクトがスピンオフしてAlphabet傘下の会社となったWaymoは、これまでに自動運転車を800万マイル公道で走らせた。

Source: TechCrunch

自動運転車のフリートテストは質・量ともにグーグル系のウェイモ(Waymo)が圧倒

 

すでに他社とは桁違いの走行実績を重ねています。

 

また自動運転AI(人工知能)が判断に迷った場合に人間のドライバーに運転を引き継いだ回数も少ない、すなわちシステムの完成度も圧倒的に高いです。

出典:日経xTECH

 

AIの機械学習は教師データの量と質がキモなので、この優位性は一朝一夕に揺らぐことはないでしょう。

 

クルマはEVブーム真っ最中! なぜEVバイクは普及しない?

技術的な難易度はともかく、コストが厳しい小さいバイクで「エコ」に固執している限り、電動バイクは普及しないでしょうね。

クルマでiMiEVが鳴かず飛ばずだったのと同じ構図。

 

バイオ燃料の「地産地消モデル」でCO2削減へ

二酸化炭素(CO2)で育つ小さな藻類の一種「ミドリムシ」由来の油や使用済みの天ぷら油などを原料にしたバイオ燃料で車を走らせる-。マツダはその可能性を広げる産学官連携の事業に参画した。バイオ燃料を製造し乗用車などで利用する実証実験を2020年をめどに開始し、CO2排出量の削減につなげていく。

Source: SankeiBiz

バイオマスを活用したCO2削減、理念は良いと思います。

ただ、先日のEVをV2Gに活用しようとする豊田通商の取り組みと同様、こちらもコストが勝負でしょうね。

 

エコで顧客の腹は膨れない。

-ニュース
-, , , , , , , , ,

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.