MaaS ビジネス 自動運転

堀江貴文氏がアドバイザーを務める自動運転スタートアップ設立!有人モビリティも

投稿日:2018年7月11日 更新日:

かねてから堀江貴文氏が自動運転ビジネスの現実解が定ルート・低速・近距離モビリティであることを指摘していましたが、ついに同氏がアドバイザーを務める自動運転スタートアップが設立されました。う〜ん、楽しみ!

地方物流のラストワンマイルの課題を解決

動運転技術を駆使した配送ロボットの開発を行い、迅速な市場への導入を目指す株式会社Hakobot(宮崎県宮崎市/代表取締役 鶴田真也)を2018年5月に設立しました。
同時にSNS media&consulting(東京都港区、代表取締役:高崎博之)、株式会社ヒトメディア(東京都港区、代表取締役:森田 正康)、その他個人投資家からの出資により設立され、アドバイザーにはロケット事業も手がける堀江貴文氏が就任したことをお知らせします。

Source: PR TIMES

ネット通販の普及によって年間で約40億個もの荷物が運搬されていますが、配送業界は少子高齢化による人手不足と相まってがEC市場の拡大に追いつかず、サービスの質の低下や配達員への負担増が危惧されています。

このような運送業界が抱える問題の解決を目指してHakobotは設立されました。

Hakobotは急速に進歩する自動運転技術を活用し、人手不足や労働環境問題の解消やロボットの導入による業務の効率化を目指しています。

また貨物輸送業のコストの約半分が人件費であるといわれていますので、自動化が進めば人手不足とコストダウンの両方が実現することでしょう。

 



アドバイザーは堀江貴文氏

Hakobotのアドバイザーには、株式会社ライブドア元代表取締役CEOでSNS media&consulting株式会社ファウンダーなどを務める実業家の堀江貴文氏が就任しました。

 

堀江氏はかねてから低速の自動運転モビリティの可能性について言及しており、ラストワンマイルの配送ロボットであれば比較的安価なセンサーシステムで十分であり、短距離輸送であるため高性能なバッテリーが不要なことなどについても触れています。

堀江貴文と中島聡が検証。「自動運転」の時代はそこまで来ている

またSBドライブCEOの佐治氏との対談でも地方の路線バスが運転手不足や乗客数の減少で疲弊しているということに対して、自動運転は非常に価値の高い事業であると言及しており、ビジネスとしての成長性に注目してることも伺えます。

【堀江貴文×佐治友基】「自動運転」で地方を救う。そして、未来の「移動」とは

 

無人配送ロボットは海外が先行

すでに海外ではこのような無人自動配送ロボットの開発は行われています。

オーストラリアのドミノ・ピザ配達ロボット

 

一方で日本ではこの分野に取り組んでいる企業は少なく、法整備も十分に進んでいません。

ZMPの配送ロボットが最有力ですがまだまだニッチな分野。公道での実証実験もつくば市など一部の特区や個別認可区域に限られているのが現状です。

 

今後の展開

試作品が完成次第、様々なデータの収集やあらゆる場面・環境においてこのロボットが正常に動作することを確認するために環境の異なる様々な場所での実証実験が行われる予定です。

 

また、冒頭で紹介した堀江氏のツイートに気になる一節がありますね。

まずは導入しやすい無人配送ロボットで参入します。そして有人モビリティと公共交通機関のシームレスな高密度運用との連携に発展していきます。

有人モビリティがセグウェイのような新しい乗り物のようなものになるか、SBドライブが手がける無人シャトルバスのようなものになるかは定かではありませんが、物流やバス、タクシーといった輸送業は少子高齢化が深刻な地方から崩壊が始まっています。

 

地方都市と自動運転の組み合わせは解決すべき社会問題が明確で利用者である高齢者も増加することが見込まれる成長分野であり、また大手自動車メーカーが参入していない穴場でもありますので、Hakobotの今後の動向は注目です!

 



-MaaS, ビジネス, 自動運転
-, ,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.