マネー 仮想通貨

仮想通貨が息を吹き返したよ

投稿日:2018年4月22日 更新日:

仮想通貨相場は楽観ムード

2018年4月15日時点の情報ですが、仮想通貨の市場は完全に楽観ムードに包まれています。

そもそも2017年末から2018年始にかけて仮想通貨の規制強化のニュースが相次ぎましたが、よくよく中身を見てみると「規制」というのは取引業者の不備に対して業務改善を促したり、詐欺まがいの案件の取締りを強化するようなものばかりでしたので、ある意味アク抜き(短期利益優先で投機にしか興味のないパチンコ脳ホルダーをふるい落とす)みたいなイベントだった気がします。

そしてコインチェック事件からも2ヶ月半経ったことで、相場心理的にも落ち着いてきています。

 

このアク抜き期間に、NEMはコミュニティイベントが活発に行なわれたり仮想通貨決済のリアル店舗が増え、Ethereumはブロックチェーンベースのアプリケーションが数多く開発されていました。

 

また、中国のアリババや日本のLINEなど、IT系企業がブロックチェーン事業に取り組むなんてニュースもあったりして、仮想通貨ひいてはブロックチェーンがいよいよ社会実装されるフェーズに入ってきたことを感じさせる出来事がいろいろありました。

 

ちなみに、この分野はテレビや新聞なんかは見てても本質は掴めません。ワイドショーや写真週刊誌なんて絶望的。著名な投資家のコメントもポジショントーク満載で怪しいです。未だに「投機商品」としての側面で論ずるのが主流であり、技術やビジネスでの応用可能性についてはほとんど理解が進んでいません。

 



自動車産業におけるブロックチェーンの可能性

自動車産業におけるブロックチェーンの応用についてはさまざまなものが報じられています。

環境変化の胎動を感じられるはず。概要は下記をご参照ください。

自動車関連のブロックチェーン活用事例まとめ

Uberをオワコンにするブロックチェーンの破壊力

EVと自動運転を融合する鍵はブロックチェーンだ

世界初!ブロックチェーンに接続可能なEV充電器

 

口座開設はお早めに

経験的にここ1,2年は日本人投資家の比率が高まったせいか、日本の長期連休前後に仮想通貨が大きく動く傾向があります。

おそらく勤め人のみなさんが時間を持て余してることに起因するみたいですが、今年もこのような雰囲気が漂っています。

また連休前後は取引所に申込みが殺到して口座開設が遅れたり、銀行が営業しておらず取引所に入金できない、なんてのも風物詩。

口座開設が遅れると焦って高値掴みすることもありますので、「ブロックチェーン技術に興味があるから勉強がてら仮想通貨を買ってみようかな?」と迷っている方は早目の口座開設をオススメします!

 

私のイチオシ取引所はZaif!手数料は業界最低水準で、NEMやEthereumなどのプラットフォーム系銘柄やモナコインなどの国産銘柄も充実していますよ。



-マネー, 仮想通貨

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.